トヨタ、ハイブリッド車の新型「SAI」を発売

JCN Newswire / 2013年8月29日 17時52分

Toyota City, Aug 29, 2013 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、SAI(サイ)をマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、8月29日に発売した。

2009年、車名の由来である「才」と「彩(いろどり)」をコンセプトとして開発されたSAIは、今回のマイナーチェンジで、外装・内装を一新。超ワイドサイズヘッドランプの採用などにより、先進感、高級感を表現することで、世代を超えて「カッコイイ」と共感されるスタイルに進化した。走りにおいても、ボディ剛性強化や空力改善により、軽快な操縦性と乗り心地を追求しながら、JC08モード走行燃費22.4km/ L *1(CO2排出量:104g/km*1)の低燃費を実現。さらに、植物資源が原料のエコプラスチックを、室内表面積の約80%に採用するとともに、リサイクル材の使用範囲を大幅に拡大し、環境への配慮も一段と高めた。人を魅了するクルマとして生まれかわったSAIは、高級ハイブリッド専用セダンの地位確立を目指す。

また、SAIは、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)が独自に考える自動車環境技術指針「トヨタリサイクルビション*2」の第5次「トヨタ環境取組プラン*2」(2011年~2015年の5ヵ年計画)に基づき、「樹脂部品へのエコプラスチック、樹脂リサイクル材の20%使用技術確立」をいち早く達成。地球環境を考えるクルマの先端を担っていく。

【販売概要】

1.販売店: 全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
2.月販目標台数: 2,000台
3.店頭発表会: 9月14日(土)~16日(月・祝日)

【生産工場】

トヨタ自動車九州株式会社 宮田工場

【メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位:円)

ハイブリッドシステム: リダクション機構付のTHS II
駆動: 2WD(FF)
価格*(消費税込み):
- S: 3,210,000
-- “Cパッケージ”: 3,310,000
- G: 3,820,000
-- “Aパッケージ”: 4,210,000

* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【主な特長】

1.先進的かつ高級感を付与した内外装デザイン
2.基本性能の大幅な向上
3.先端の自動車環境技術
4.未来を見据えた最新装備

【ウェルキャブ(メーカー完成特装車)】

ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車同様の改良を施すとともに、助手席リフトアップシート車にシートへの乗降をサポートするアームレスト付仕様を新設定。

【ウェルキャブメーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位:円)

助手席リフトアップシート車“Aタイプ”

- ベース: S“Cパッケージ”
ハイブリッドシステム: リダクション機構付のTHS II
駆動: 2WD(FF)
価格*: 3,860,000
- ベース: G
ハイブリッドシステム: リダクション機構付のTHS II
駆動: 2WD(FF)
価格*: 3,986,000

助手席リフトアップシート車“Bタイプ”

- ベース: S“Cパッケージ”
ハイブリッドシステム: リダクション機構付のTHS II
駆動: 2WD(FF)
価格*: 3,933,000
- ベース: G
ハイブリッドシステム: リダクション機構付のTHS II
駆動: 2WD(FF)
価格*: 4,059,000

* 価格にはリサイクル料金は含まれない。消費税は、非課税

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www2.toyota.jp/jp/news/13/08/nt13_044.pdf

*1 国土交通省審査値
*2 1992年の「トヨタ地球環境憲章」制定を受け、幅広い分野にわたる目標を設定した環境対応への実行計画
第1次「トヨタ環境取組プラン」を1993年に制定。第3次「トヨタ環境取組プラン」(2001年~2005年)において「トヨタリサイクルビジョン」を2003年に制定

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング