パナソニック、カーナビ「ストラーダ」用フロントインフォディスプレイを発売

JCN Newswire / 2013年9月2日 18時16分

運転中に必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認可能―ドライブの安全性を高める新提案

Osaka, Sept 2, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(代表者 山田 喜彦)は、カーナビステーション「ストラーダ」CN-R500・R300シリーズ用フロントインフォディスプレイ CY-DF100Dを10月下旬に発売します。

近年、車両やドライブに対するユーザーの意識が変化しています。なかでも「安全」に対する関心は、交通事故を回避する技術や機能が搭載された車両の普及とともに高まっています。

本製品は、ナビゲーションと連動し、ルート案内中の「右左折案内」や「インターチェンジの分岐情報」等、運転中のドライバーに必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認できる位置に表示します。それにより、運転中の視線の移動量が少なくなり、ドライブの安全性が高まります。

当社は、フロントインフォディスプレイの商品化により、国内市販カーナビゲーション市場に対し「安心・安全」を重視した、新しいカーライフスタイルの提案を強化していきます。

特長

1. 運転中に必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認可能
2. 重要情報を見落とさない、直感的に理解できる視認性の高い画面デザイン
3. ドライブ中の多様なシチュエーションに対応する、安心のサポート機能

- 品名: フロントインフォディスプレイ
- 品番: CY-DF100D
- 希望小売価格: オープン価格
- 発売日: 10月下旬
- 取付可能車種※1:
トヨタ: アルファード・ヴェルファイア・プリウスα・アイシス・ポルテ・シエンタ・スペイド
日産: モコ / ホンダ: フィットハイブリッド / ダイハツ: ムーヴ コンテ
- 対応カーナビゲーション: CN-R500シリーズ・CN-R300シリーズ※2
- 月産台数: 500台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 2013年8月29日現在。取付可能車種は確認でき次第、随時追加します。取付可能車種の詳細や追加情報はホームページでご案内します。
※2 CN-R300シリーズは9月20日発売予定です。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング