トヨタ、「第40回 国際福祉機器展」に最新の福祉車両「ウェルキャブシリーズ」を出展

JCN Newswire / 2013年9月4日 23時43分

介護・医療支援向けパートナーロボットも参考出品

Toyota City, Sept 4, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、9月18日(水)から9月20日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、国内最大規模の福祉機器展示会「第40回 国際福祉機器展H.C.R.2013」に、ウェルキャブ(福祉車両)を出展する。

トヨタは高齢化の進展等を背景に、年々高まりつつある高齢者やお身体の不自由な方の「快適で安全な移動に対するご要望」にお応えするため、従来よりウェルキャブ(福祉車両)の開発に取り組んでおり、今回の出展においても最新の車両を展示し、取り組みを紹介する。

具体的には、8月にマイナーチェンジしたSAI「助手席リフトアップシート車」、同じくハイブリッド車を追加したカローラフィールダー「助手席回転スライドシート車」など、充実のハイブリッドラインナップをはじめ、車いすのまま乗り降りが可能な「車いす仕様車」など、お客様のニーズに応じたバリエーション豊かなウェルキャブ(福祉車両)8台を展示する。

また、介護・医療支援を目的として開発中の、4種類の「トヨタ・パートナーロボット」の実証実験の模様を映像で紹介するとともに、昨年9月に発表した、手足の不自由な人のために、家庭内での自立生活をアシストする「生活支援ロボットHSR(Human Support Robot)」も、改良を加えて参考出品する。

<展示内容>ウェルキャブシリーズ

車名: 仕様
カローラフィールダー: 助手席回転スライドシート車 Bタイプ
SAI: 助手席リフトアップシート車 Bタイプ
エスティマハイブリッド: サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)
アクア: フレンドマチック取付用専用車 タイプIV [ウェルキャリー]
ラクティス: 車いす仕様車(スロープタイプ)タイプI 助手席側リヤシート付
ノア: 車いす仕様車(スロープタイプ)タイプII サードシート付
ヴォクシー: 車いす仕様車(スロープタイプ)タイプI 車いす2脚仕様
ハイエース: 車いす仕様車(リフトタイプ)Bタイプ

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング