シャープ、プラズマクラスターサイクロン掃除機2機種を発売

JCN Newswire / 2013年9月6日 17時16分

高性能ながら本体質量を従来機比約30%※1削減した軽量コンパクトボディを実現

Osaka, Sept 6, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、フィルター自動お手入れ機能・クリーン排気・強力パワーの持続※2など、高性能ながら本体質量を従来機比約30%※1削減した軽量コンパクトボディのプラズマクラスターサイクロン掃除機「EC-VX500/NX500」を発売します。

本機は、高効率小型モーターを採用するとともに各部品を最適に配置することにより、軽量コンパクトボディ(本体質量EC-VX500:3.5kg/EC-NX500:3.4kg)を実現しました。ホースやパイプ、吸込口の質量も従来機に比べ約23%※1削減した約1.4kgに軽減しています。吸込口は、左右に180度回転する「新・奥の手ワイドヘッド」の採用により、壁と家具の隙間やテーブルの脚のまわりも楽にお掃除できます。

また、ダストカップには、ザラついた舌で自らの毛を丸めて固める「ネコの舌」を応用した「スクリューフィン」を搭載。吸い込んだごみを固めて圧縮することに加え、ダストカップ上部のHEPAクリーンフィルターのお手入れも自動的に行うので、強力パワーを持続※2したまま約1か月間※3ごみを捨てずに使用することが可能です。さらに、本体内部にはお手入れ不要のULPAクリーンフィルターを採用(EC-VX500のみ)。吸い込んだ0.3μm以上の微細なホコリを99.99%以上捕えます。※4

運転音も54dB※5(EC-VX500)で、夜間に気兼ねなく掃除ができます。

また、ホースをボディに巻きつけることで高さ約35cmのスペースに置くことができる「グルまる収納」を実現しました。

■ 主な特長

1.本体質量を従来機比約30%※1削減した軽量コンパクトボディの実現と約8cmの隙間でも掃除できる「新・奥の手ヘッド」を採用
2.吸い込んだごみの圧縮とフィルター自動お手入れ機能で、強力パワーの持続と簡単で清潔
なごみ捨てを実現
3.夜間の掃除を気兼ねなくできる運転音54dB※5(EC-VX500)
4.ホースをボディに巻きつけ、高さ約35cmのスペースに置ける「グルまる収納」

品名: プラズマクラスターサイクロン掃除機
形名: EC-VX500 EC-NX500
希望小売価格: オープン
発売日: 9月中旬
月産台数: 計 10,000台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130906-a.html

※1 EC-VX310(当社2012年発売機種)との比較。(EC-VX310 本体質量:4.9kg、ホース・パイプ・吸込口の質量:1.8kg)
(EC-VX500 本体質量:3.5kg、ホース・パイプ・吸込口の質量:1.4kg)
※2 日本電機工業会自主基準「電気掃除機の吸い込み力持続率測定方法」による。自動クリーンメカを作動させ、ダストカップにごみがない状態からごみ量センサーでごみ満量を検知するまでの風量持続率が99%以上。
※3 日本電機工業会自主基準のごみ1gを1日分として、ごみ満量までの吸引量を測定。ごみの種類や量、環境や使い方により異なります。
※4 当社試験粉じん(JIS4種タルク粉)による排気性能試験にて排気中の0.3μm以上の粉じん数量を測定。当社試験ごみによるものであり、環境や使い方によって異なります。
※5 「運転音」の表示は、JIS C 9108による。(EC-NX500:59dB)

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング