ソニー、4K解像度で高画質撮影できる業務用ハンディカムコーダーを発売

JCN Newswire / 2013年9月6日 17時19分

Tokyo, Sept 6, 2013 - (JCN Newswire) - ソニーは、1/2.3型 Exmor R(R)(エクスモアアール)CMOSイメージセンサー(有効880万画素)を搭載し、4K解像度(4096×2160)での高画質撮影が可能な、業務用ハンディカムコーダー「PXW-Z100」を発売します。

4K映像制作は、映画やCMなどハイエンドコンテンツ制作領域では既に活発に行われており、番組制作等にも拡大しつつあります。本機は、機動性が高いレンズ一体型のカメラ本体と、4K解像度での高画質撮影を両立させ、少人数での4K映像制作や、低予算な制作環境に活用できます。

ソニーは、4K映像制作の裾野を拡げるカムコーダーとして本機を提案していきます。

本機で新たに開発した1/2.3型 Exmor R CMOSイメージセンサーは、4K解像度(4096×2160)/60fpsの読み出しに対応しています。4K解像度に対応する高性能Gレンズとの組み合わせで、3Kg を切る小型軽量ながら、精細な高画質撮影が可能です。

記録形式には、現在CMや番組制作等で使われているCineAlta(シネアルタ) 4Kカメラ「PMW-F55」と同じ、XAVC(TM)フォーマットを採用しました。XAVCは、映像制作機器・ソフトウェアメーカー各社でもサポートされたフォーマットであり、編集・記録・転送の収録後ワークフローも確立しています。また、4K解像度で撮影された映像は、編集時にHD解像度で切り出すこともできるため、高品位なHD映像制作にも活用できます。

また本機は、制作用途に適した4:2:2カラーサンプリング、10ビット階調で600Mbps(4K/60p記録時)の高ビットレートでの記録ができるほか、映画制作に使用されるアスペクト比17:9の4K(4096×2160)だけでなく、民生用4Kテレビとの親和性の高いアスペクト比16:9のQFHD(3840×2160)や、HD(1920×1080)など、多くの解像度から選択可能です。

ソニーは、4K映像制作機器のさらなる拡充と、家庭における4K映像視聴の構築をあわせて推し進めることにより、トータルでの4K映像関連市場を創造していきます。

「PXW-Z100」の主な特長

1. レンズ一体型業務用ハンディカムコーダーで、4K(4096×2160)60p撮影に対応
2. XAVCフォーマット採用、4K 60p を 4:2:2 10bit 600Mbps、HD解像度も最高223Mbpsで記録
3. 記録メディアにXQD(R)メモリーカードを採用
4. 4K解像度出力に対応したHDMI端子、 HD出力に対応した 3G HD-SDI端子 を装備
5. 好みの画作りができる、ペイント機能
6. Wi-Fiによるリモートコントロールに対応

型名: XDCAM(TM)メモリーカムコーダー「PXW-Z100」
発売日: 2013年11月6日
メーカー希望小売価格: 672,000円(税抜価格640,000円)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201309/13-110/

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング