ホンダ、「HondaJet」の販売サービス活動強化と開発・生産の進捗状況を発表

JCN Newswire / 2013年10月22日 15時35分

Tokyo, Oct 22, 2013 - (JCN Newswire) - Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーは、米国太平洋標準時間2013年10月21日13時00分(日本時間 10月22日5時00分)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company、以下HACI)は、米国太平洋標準時間の10月21日に、米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大のビジネス航空ショーであるナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(National Business Aviation Association、以下NBAA)2013において、小型ビジネスジェット機「HondaJet」の販売サービス活動の強化と、開発および生産の進捗状況について発表しました。

2013年10月17日、ノースカロライナ州グリーンズボロ市のHACI本社敷地内にカスタマーサービスセンターが完成しました。HondaJetカスタマーサービスの拠点となるこの施設では、HondaJetに関するサービスプログラムの販売と管理、テクニカルサポート、テクニカルトレーニング、修理および重整備などが行われます。カスタマーサービスセンターの完成により、HACIの敷地面積は60万5,000平方フィート(約5万6,200m2)以上となります。また、米国の金融事業会社であるアメリカン ホンダ ファイナンスとHACIは、HondaJetのファイナンスサービス事業に参入することを発表しました。ファイナンスサービス事業は、HondaJetのデリバリー前に開始される予定です。

HondaJetの開発責任者であり、開発・製造・販売を担当するHACI社長の藤野 道格は、「最先端の設備をそろえたカスタマーサービスセンターとともに、新たにファイナンスサービスを提供することで、すべてのお客様に満足していただきたいと考えています」と語りました。

米国と欧州の航空当局による型式認定に向けたHondaJetの開発は順調に進められており、今年7月には、米国バージニア州にある米国航空宇宙局(NASA)の施設で、浸水滑走路におけるエンジンの水吸い込み試験、9月には、米国フロリダ州にある世界最大規模の環境試験設備を用いた、氷点下40℃の極寒冷下におけるシステム試験、エンジン始動、電気系およびアビオニクス※などの機能試験が行われました。お客様に納入するHondaJetと同一の内装を備えている認定試験用5号機は、客室システムの各種試験に用いられており、NBAAの期間中は展示エリアで一般公開されます。認定試験用6号機では全機構造疲労試験が行われており、デリバリー前には機体寿命の3倍に相当する試験を完了させる予定です。また、HondaJetの量産工場では、量産機の生産が行われており、量産ラインでは6機の組み立て作業が進んでいます。

※ 航空機に搭載される航法用電子システム

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company)概要】

設立: 2006年8月
出資形態: American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者: 社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地: 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング