トヨタ、「トヨタ環境活動助成プログラム」 2013年度の助成対象を決定

JCN Newswire / 2013年10月30日 19時23分

Toyota City, Oct 30, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、10月30日、「トヨタ環境活動助成プログラム」の2013年度助成対象として24件のプロジェクトを決定した。これにより、2000年のプログラム開始以来14年間の累計は257件、世界の51の国と地域での実施となる。

このプログラムは、トヨタが1999年に「グローバル500賞*1」を受賞したことを記念し開始したもので、「環境改善に資する環境技術・環境人づくり」を基本テーマとして、実践的なプロジェクトを推進するNPOなど民間非営利団体・グループの活動を支援する。

本年度も「生物多様性」と「地球温暖化」を助成対象テーマとして公募し、海外プロジェクト支援枠と国内プロジェクト支援枠の二つの助成枠において、募集期間中に123件の申請があった。

選考にあたっては、1次選考および、有識者で構成する選考委員会(委員長:中村桂子JT生命誌研究館館長)にて、海外・国内プロジェクト合わせて24件の対象プロジェクトを決定した。 海外プロジェクト支援枠は“ベトナム クアンチ省ファンホア郡における森林生態系の保全”等10件、国内プロジェクト支援枠は“震災で失われた松島湾のアマモ場再生を目指して”等14件が助成対象となった。一昨年から継続している東日本大震災の被災地復興支援、および2014年に日本で開催されるESD*2に関連する活動も採択した。

なお、12月には、本年度の採択プロジェクト代表者出席のもと、助成決定証授与式を開催する。また、来春には成果報告会も開催する予定。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/10/nt13_063.html

*1 グローバル500賞(1987~2003年): 国連環境計画(UNEP)が環境の保護・改善に功績のあった個人または団体を表彰する制度。トヨタは世界初の量産型ハイブリッド車の発売等が評価され1999年に日本企業として初めて受賞した。
*2 ESD: 持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)
2002年9月に、南アフリカのヨハネスブルクにおいて「持続可能な開発に関するサミット」が開催され、小泉総理(当時)が2005年から始まる10年を「国連 持続可能な開発のための教育の10年」とすることを提案。2014年に日本で最終年会合が行われる。

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング