クラインオート・ベンソン・グループ、BHFバンク買収に関する最新情報を発表

JCN Newswire / 2013年10月30日 20時29分

London, Oct 30, 2013 - (JCN Newswire) - RHJインターナショナル(RHJI)の全額出資子会社であるクラインオート・ベンソン・グループ(KBG)は、当初からの共同投資家の1つであるブラックロックが取引を取りやめ、残りの共同投資家が関与を強めたことを受けて、BHFバンクの買収提案に関する最新情報を発表しました。

KBGとRHJIはあわせて、BHFバンク100%を354百万ユーロ(金額は推定)で買収します。金額は変更されることがあります。KBGはそのうち91%を現金322百万ユーロで取得し、RHJIは残り9%を直接ドイツ銀行に対して額面価格でRHJI株式を発行することで取得します。ブラックロックが取引を取りやめたことで、KBGの関連資本は増加し、RHJIの留保権益は当初の60%から65%に引き上げられました。残る35%は残りの共同投資家である、Fosun Group、AQTON SE(ドイツ人起業家Stefan Quandtが全額出資する投資会社)、Timothy C. Collinsの関連事業体の3者に分配されます。

以前報道されている通り、何ヶ月も前に、クラインオート・ベンソンに対して責任を負う規制当局は全て、当初の取引を承認しました。従って、私たちはこれから数週間のうちに全ての必要な規制当局から、公式に規制の判断を受けられると確信しています。当面、独立規制当局と積極的に関与する間は、RHJI、KBG及び独立した共同投資家は、以前開示された互いの、そして売り手であるドイツ銀行との間における契約上におけるコミットメントに束縛されます。

当社では引き続き、BHFバンクを買収することが、RHJIにとって株主の利益を最大限にする最善策であると確信しており、これは強力で利益の高い金融サービス事業を創造するという当社の戦略的な優先事項にも合致します。近年、BHFバンクでは大きな変革が行われ、バランスシートは大幅に削減されクリーンに、自己資本率は高くなり、収益率は改善されました。2013年6月30日までの6ヶ月間において、BHFバンクは、営業利益6.8百万ユーロ、コア Tier1 比率16.6%、バランスシートは2010年の127億ユーロと比べて75億ユーロに削減されました。BHFバンクは、著しい収益成長の機会を提供するサービスで最も急激に成長を遂げている市場において、ウェルス・マネジメント及びアセット・マネジメント業務で補完的なビジネスモデルを組み合わせることで、当社の既存の金融サービス事業と戦略的に適合します。これは、バックオフィス機能との組み合わせで当社が期待する潜在的なシナジー効果とあわせて、この買収が増大する収益、価値であるという私たちの自信を明確に示しています。

BHFバンクの買収手続きが進まない場合は、以前のコミットメントに沿って、資本返還の時期、方法、金額について当社株主と話し合いの場を持ちます。

クラインオート・ベンソン・グループ及びRHJIの最高経営責任者(CEO)であるレオナード・フィッシャーは、次のように述べています。

「本日の発表は、当社のBHFバンク買収提案において、決定的な進展となるものです。当初の構想どおりに取引が完了しなかったことにはがっかりしましたが、私たちはブラックロックが取引を取りやめるとの決定を受け入れ、ブラックロックから当社に対する、主要株主としての当社の金融サービス戦略に対する揺ぎないサポートに感謝しています。今日に至るまでの経過、そして残りの共同投資家から強力なサポートを受けていることから、当社では近い将来、必要な規制の判断を確保できるものと確信し、万が一、本手続きが進まない場合は株主に対して資本を返還することをお約束します」

クラインオート・ベンソン・グループ及びRHJインターナショナルについて

クラインオート・ベンソン・グループはRHJインターナショナル(RHJI)の全額出資子会社で、100億ユーロの受託資産残高(AuM)があります。Kleinwort Benson Bank Limited及びKleinwort Benson Channel Islands Holdings Limited(以上「クラインオート・ベンソン」)及びKleinwort Benson Investors Dublin Ltd(「Kleinwort Benson Investors」)から構成されます。ウェルス・マネジメント業務は、独立した相互の信頼関係をベースとするプライベートバンクで、1780年代にまで遡る伝統を誇るクラインオート・ベンソンにより行われています。2013年6月30日時点で、クラインオート・ベンソンのTier1比率は19%、受託資産残高(AuM)は63億ユーロに上ります。クラインオート・ベンソン・グループのアセット・マネジメント業務は、ダブリンを拠点し、投資家に革新的かつ差別化したスペシャリストの戦略を特化および統合ベースの両方で提供する機関投資家向けにアセット・マネジメントを行うKleinwort Benson Investorsが担当しています。2013年6月30日時点で、Kleinwort Benson Investorsの受託資産残高(AuM)は40億ユーロです。

RHJインターナショナルは、ウェルス・マネジメント、アセット・マネジメント、マーチャント・バンキングを基盤とする金融サービス・グループです。同社はベルギー会社法のもとで法人化された有限責任会社(LLC)で、 事務所はAvenue Louise 326, 1050 Brussels, Belgiumにあります。RHJインターナショナルはユーロネクスト・ブリュッセル証券取引所に上場しており、「RHJI」のティッカーシンボルで取引されています。詳細は www.rhji.com をご覧ください。

お問い合わせ先
Duncan Heath
Investor Relations Director
RHJインターナショナル
Tel: +32 2 643 6013
E-mail: dheath@rhji.com


プレスリリース全文(PDF): http://hugin.info/135946/R/1738331/583572.pdf

RHJ International





Source: RHJ International

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング