エーザイ、Broad Institute と顧みられない熱帯病および結核の新薬開発に向けて共同研究契約を締結

JCN Newswire / 2013年11月8日 16時30分

シャーガス病の新薬開発プロジェクトがGHIT Fund の助成金交付対象として採択

Tokyo, Nov 8, 2013 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、このたび、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の共同研究施設である Broad Institute(所在地:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)と、顧みられない熱帯病(NTDs)および結核に対する新薬開発に向けた共同研究契約を締結したことを、お知らせします。

本共同研究契約のもと、両者は、Broad Institute のライブラリーから同定された化合物の最適化を行い、協力して NTDs および結核に対する新薬開発を行うこととなります。最初のプロジェクトとして、NTDsの一つであるシャーガス病を対象疾患とすることを決定しました。シャーガス病はサシガメ(ビンチューカ)の咬傷によって感染する疾患で、特にラテンアメリカやカリブ諸国の貧困地域に多く蔓延しており、約 8 百万人が感染し、1 億人が蔓延地域に暮らしているとされています。ラテンアメリカでは、毎年、約14,000 人がシャーガス病により亡くなっており、新薬の開発が強く望まれています。

また、シャーガス病に関する本プロジェクトは、一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(以下、GHIT Fund)による助成金交付対象として採択されました。GHIT Fund は、開発途上国等で蔓延する感染症の制圧に向けた日本発の新薬開発を推進する国際的非営利組織です。今後、両者は、GHIT Fund からの助成金も活用して、本共同研究プロジェクトを推進していきます。

当社は、新興国・開発途上国の人々の健康福祉の向上に貢献し、これらの国々の経済発展や中間所得層の拡大に寄与することは、将来に向けた長期的な投資と位置づけ、NTDs を含む感染症に対する医薬品アクセス問題に継続的に取り組んでいます。新薬の研究開発においては、Drugs for Neglected Diseases initiative (DNDi)やセービンワクチン研究所などの国際的な非営利団体やブラジルの国立研究機関オズワルドクルス財団ともパートナーシップを組み、シャーガス病やリーシュマニア症といった NTDs やマラリアに対する新薬開発を進めています。

当社は、引き続き新興国・開発途上国における医薬品のアクセス問題に積極的に取り組み、これらの国々の患者様とそのご家族のベネフィット向上に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.eisai.co.jp/news/news201364pdf.pdf

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング