パナソニック、コンセントから直接電源が取れる産業・住宅用リチウムイオン蓄電システムを発売

JCN Newswire / 2013年11月18日 15時44分

高容量リチウムイオン電池搭載。お求めやすい価格を実現、5kWhの大容量と小型・軽量化を両立

Osaka, Nov 18, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、「産業・住宅用 リチウムイオン蓄電システム 5kWh スタンドアロンタイプ」の受注を2013年12月20日より開始します。5kWhの大容量ながら、100万円を切るお求めやすい価格を実現。オフィス、公共施設、店舗、住宅など、さまざまな施設で、万一の停電に備えての導入を促進します。停電時はもちろん、平常時も電力需要ピーク時の購入電力抑制にも貢献します。

近年、BCP(事業継続計画)の取り組みや、節電意識の高まりから、蓄電システムへのニーズが増えています。しかしながら蓄電システムの導入には、価格、容量、設置スペースなどの課題があります。

このような中、当社では従来の約2倍※1のエネルギー密度を有する高容量リチウムイオン電池を 搭載することで、5kWhの大容量ながら、小型・軽量化と希望小売価格(税抜)で100万円を切る低価格を実現しました。 コンセントから直接電源が取れるスタンドアロン方式を採用。執務デスクの脇やPOSレジの下にも置ける※2スリムなデザインで、事務所やマンション管理室、店舗や診療所、住宅での設置に配慮しました。

当社は、これからも、「もしも」の停電に備える安全・安心な暮らしや環境負荷の軽減の両立の実現を目指し、蓄電池関連製品の普及促進を図ります。

なお、本製品は、2013年12月12日(木)~14日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に出展いたします。

「特長」

1.高容量リチウムイオン電池を採用し、当社従来比約2分の1※3の価格を実現
2.5kWhの大容量、1.5kVAの高出力仕様で、複数の機器の連続使用が可能
3.当社従来比約3分の1※4の小型・軽量なスリムデザインで設置の自由度を拡大

- 品名: 【産業・住宅用】リチウムイオン蓄電システム
蓄電容量: 5kWh スタンドアロンタイプ
- 品番: LJ-SF50A
- 希望小売価格(税抜・工事費別): 900,000円
- 受注開始日: 2013年12月20日
- 販売目標: 2,000台/年

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 当社従来品(1.6kWh/3.2kWhタイプ)に搭載しているリチウムイオン電池との比較
※2 本機はUPS(無停電電源装置)ではありません。POSレジに接続される場合は、UPS機能を搭載した機種、もしくは蓄電システムとの間にUPSを接続してください
※3 当社従来品(3.2kWhタイプ)との1kWhあたりの本体価格比較
※4 当社従来品(3.2kWhタイプ)との1kWhあたりの体積・重量比較

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング