Supertex製クアッドチャネル伝送/受信スイッチにより、医療用超音波システムの設計の柔軟性を向上

JCN Newswire / 2013年11月20日 13時48分

多重機能搭載のMD0200により、画質を向上する設計の柔軟性を実現

SUNNYVALE, CA, Nov 20, 2013 - (JCN Newswire) - 高電圧アナログおよび混合信号集積回路(IC)をリードする企業のSupertex (NASDAQ: SUPX)は、医療用超音波画像アプリケーション用の低電圧アナログ多重設計を搭載した高電圧4チャネルT/RスイッチのMD0200を発表しました。

MD0200は4つの±130V T/Rスイッチと、その後ろのシリアル論理制御インターフェース搭載の4つの低電圧アナログスイッチで構成されています。論理制御に必要な供給電圧はわずか5Vです。デバイスの特徴は、低挿入損失用の17オームのT/Rスイッチ抵抗です。T/Rスイッチが±1.0Vの電圧振幅を検出すると、自動的に電源オフを開始します。オフ状態でT/Rスイッチは、低ノイズレシーバの入力を保護するために、最大±130Vに耐えることができます。ユーザーが画像最適化のためにエコー信号を異なるレシーバに迂回できる柔軟性を実現するために、低電圧マルチプレクサが搭載されています。

「医療診断用超音波システムは常に画質の向上を目指しています。Supertexは、超音波設備メーカーが目標達成できるように、革新的な製品を提供することに、努力し続けています。」と、Supertexアプリケーションエンジニアリング部長のJimes Leiは述べました。「MD0200トポロジーは、画質向上のために、レシーバ側の追加システム設計の柔軟性を提供します。」

MD0200は、無鉛(Pb)/RoHS準拠の18リード5x5 DFNパッケージで入手可能です(MD0200K6-G)。サンプルには在庫があります。生産のリードタイムは、受注後4~6週間です。価格はそれぞれ、千個で6.40米ドルです。

Supertexについて

Supertex, Inc. は混合信号半導体を製造している株式公開会社で、通信、ネットワーキングシステム、フラットパネルディスプレイ、医療、産業用エレクトロニクスなどの業界向けの高電圧インターフェース製品を専門にしています。Supertexの製品、会社情報、財務情報などについては、 www.supertex.com をご覧ください。

お問合せ情報
コーポレート本社:
Christine Mahiya
マーケティングコミュニケーションマネージャー
+1-408-222-4858
christin@supertex.com

Supertex





Source: Supertex

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング