パナソニック、エヴァンゲリオンデザインの充電スタンドELSEEVを神奈川県箱根町に設置

JCN Newswire / 2013年11月26日 16時31分

電気自動車の充電インフラ整備拡大に加え、観光資源としての活用に貢献

Osaka, Nov 26, 2013 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、自治体や観光地、企業、商業施設などに対して電気自動車充電設備の拡大に向けた取り組みを推進しています。このたび、その一環として、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に登場するキャラクターおよび機体をモチーフにした箱根地区専用デザインの充電スタンド「ELSEEV(エルシーヴ)」を神奈川県箱根町(以下、箱根町)に設置しました。

箱根町は、「環境先進観光地」を目指して「箱根EVタウンプロジェクト」を立ち上げており、環境貢献と電気自動車を活用した取り組みを積極的に行なっています。また、箱根町は、エヴァンゲリオンの舞台となる第3新東京市のモデルでもあり、これまで継続的に同作品とコラボレーションした観光プロモーションを行うなど、エヴァンゲリオンと密接な関係にあります。当社は、電気を動力源とするエヴァンゲリオンと電気自動車のイメージを重ね、箱根地区専用のエヴァンゲリオンモデルの充電スタンドをデザインしました。今回、一般財団法人箱根町観光協会の協力のもと、箱根地区専用のエヴァンゲリオンデザインの充電スタンド「ELSEEV」を、道の駅「箱根峠」と箱根町立箱根湿生花園の2ヶ所に設置しました。

今後も、当社は、政府の充電器設置補助金「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」(※)を活用し、箱根地区の観光施設などへの設置提案・普及活動を進め、箱根町におけるさらなる電気自動車充電設備の普及と、観光資源としての活用に貢献していきます。

■ 設置場所(2013年11月26日現在)

- 道の駅「箱根峠」
神奈川県足柄下郡箱根町箱根381番地22 道の駅「箱根峠」駐車場内
(箱根地区専用デザイン: エヴァンゲリオン初号機)
- 箱根町立箱根湿生花園
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817番地 箱根町立箱根湿生花園 第一駐車場内
(箱根地区専用デザイン: エヴァンゲリオン2号機)

■ 製品概要

製品名: ELSEEVパブリックエリア向け(Mode3)
品番: DNE3000(ベース製品)
特長: 充電ケーブルを搭載し、車載ケーブルの取り出しが不要で、充電作業性に優れています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※ 充電器設置補助金「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」
政府は、次世代自動車用充電設備の設置に関する補助などの事業「次世代自動車インフラ整備促進事業」を実施しています。
充電設備の拡充に向け、補助総額1,005億円の補助金が利用できます。補助金制度は、内容により4つの事業に分けられ、それぞれ補助対象や補助率が異なります。
補助金申請の受付期間は2013年3月19日から2014年2月28日までで、工事期間は2014年10月31日までです。
(お問い合わせ先)一般社団法人 次世代自動車振興センター 充電インフラ補助コールセンター
電話: 03-5501-4412(平日9:00~17:00)

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング