三菱自、三菱重工と技術開発支援や品質保証関連業務で契約締結

JCN Newswire / 2013年12月11日 16時34分

Tokyo, Dec 11, 2013 - (JCN Newswire) - 当社は、本日、当社及びそのグループ会社における新製品の研究開発、製品全般の品質向上等に関する検討を行うにあたり、三菱重工業株式会社(以下「三菱重工業」といいます。)との間で技術開発支援、品質保証関連の業務に関する契約(以下「本技術支援契約」といいます。)を締結いたしましたので、お知らせいたします。

1.本技術支援契約締結の目的

平成 25 年 11 月6日付「『三菱自動車 資本再構築プラン』に関するお知らせ」にてお知らせいたしましたとおり、当社は、平成 25 年 11 月6日に「三菱自動車 資本再構築プラン」の策定及び当該プランに基づく諸施策の実施について決定するとともに、当社優先株式を保有する三菱重工業等との間で資本政策に関する覚書(以下「本覚書」といいます。)を締結しました。

そして、当社及び三菱重工業は、本覚書に従い、三菱重工業が当社に対して開発・品質面での技術支援を行う旨の技術支援契約の締結につき協議を行い、本日、本技術支援契約を締結いたしました。

2.本技術支援契約の概要

本技術支援契約の概要は以下のとおりです。

(1)目的
当社及びそのグループ会社における新製品の研究開発、製品全般の品質向上等。

(2)具体的テーマ
具体的テーマは、以下の分野から、双方のニーズ・シーズのマッチングを行い、当社及び三菱重工業が協議のうえ選定するものとする。

1) 両社の保有技術、知的財産権を活用できるもの
2) 両社のバリューチェーンの改革、改善に貢献できるもの
3) 両社の技術の組み合わせにより、シナジー効果が高められるもの
4) 次世代製品開発に向けた先行技術など、両社の事業に直結したもの
5) 両社の品質管理システムの向上に資するもの

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング