TIM BrasilとXteraが、ブラジル東北部でG.653分散シフトファイバによる100G光ネットワークを展開

JCN Newswire / 2013年12月18日 12時7分

Dallas, TX, Dec 18, 2013 - (JCN Newswire) - ブラジルで急成長中の通信事業者のTIM Brasilは、光ネットワーキングソリューションの大手グローバルプロバイダのXtera Communications, Inc.の供給する100G光ネットワーク設備を採用し、ブラジル東北部の伝送インフラに展開しました。このインフラリンクは全長1,000 km以上で、バイーア州都のサルバドルとセアラー州都のフォルタレザを分散シフトファイバ(DSF)でつないでいます。フォルタレザはまた、ブラジルと北米やヨーロッパをつなぐいくつかの高容量海底ケーブルの上陸地点です。Xteraの100Gソリューションにより、TIM Brasilは、このルートで以前に行った実装と比較して10倍の容量増大を達成しました。

「我々はイノベーションへの投資を行ったことで、課題の多いこのリンクに最低限のリジェネレーションで容量4 Tbit/秒を達成した最初の通信事業者になることができました。これにより、ブラジル全土のネットワークの改善と拡大に対するTIMのコミットメントはさらに強化されました。」と、TIM Brasil固定伝送ネットワーク部長のCicero Olivieriは述べました。「これはお客様だけのメリットではありません。ワールドカップやオリンピックの開催を控えて、フォルタレザの海底ケーブルを通るトラフィックを通じて、信頼性の高い堅牢な地上接続を必要としている国際パートナーにとっても、大きな利点となります。」

「今回の展開は、多様なネットワーク環境の高容量バックボーンインフラ向けのXteraの100Gソリューションの価値をさらに示すものです。弊社の先進的で統合された現場実績のあるラマン光増幅技術は、ファイバ回線内の分散光ゲインをベースにしており、TIM Brasilによる容量の10倍増大を可能にしました。」と、Xtera南北アメリカ販売SVPのManuel Andradeは述べました。「これは、STM-16信号を伝送する単一波長用に当初設計されたファイバプラント経由で達成され、TIM Brasilの光ファイバアセットの価値を最大化しています。Xteraは、TIM Brasilや地元実装パートナーのTellabs do Brasilとの緊密な協業により、記録的な時間でシステム展開とトラフィック移行の課題に効率的に対応しました。」

DSFは、(1550 nm地域で)光ファイバ減衰が最小となる場所の波長で、波長分散補正不要で単一波長伝送を可能にするように標準化された(ITU-T G.653)ファイバタイプです。波長分割多重通信(WDM)の出現により、DSFは高容量リンクにはあまり適していない選択肢となってしまいました。Xtera社のNu-Wave Optima(TM)では、100Gコヒーレント検知および軟判定前方誤り訂正に加えて、先進的なラマン分散光増幅を搭載しており、DSFファイバの非線形性を最小化し、伝送容量を最大化しています。

XteraのNu-Wave Optima(TM)プラットフォームは、長距離非中継およびリージョナル中継海底設備向けのモジュールの共通統合セットを使用することで、総所有コストを低減するように設計された独自のモジュラー光伝送システムです。

実績ある多目的のNu-Wave Optima(TM)プラットフォームは、高容量長距離光ネットワーキング向けのXteraソリューションを、現実のネットワーキング条件でサポートしています。これにより、業界でもっとも強力な30 Gbaud技術を、業界でもっとも先進的なラマン増幅ベース回線設備を組み合わせることが可能になりました。 地上バックボーンネットワーク向けに、Nu-Wave Optima(TM)設備は、15 Tb/秒の比類ない回線容量を4,500 km以上で提供しています。まて、中間リジェネレーションなしで64 Tbit/秒を1,500 km以上で提供しています。非中継アプリケーションでは先日、370 km以上で15 Tbit/秒の容量が伝送されました。

TIM Brasilについて

TIMはブラジルでも特に成長の著しい通信事業者です。現在の顧客数は7310万人、市場シェアは27.11%で、ブラジル市場で第2位の企業として確固たる地位を築いています。リサーチ機関のData Popularによれば、TIMの好調な業績はその革新的なサービスの成果であり、特に中流層に好まれる通信事業者となっています。

TIMはまた、ネットワークと顧客サービスの品質に力を入れています。同社は2014~2016年の3年間に、110億ブラジルレアルの投資をする見込みです。その他のハイライトとして同社はネットワーク拡大のために取引も行っており、2009年のIntelig買収と、2011年のAES Atimus買収の結果、TIM Fiberはリオとサンパウロで5500 kmの光ファイバを展開するまでになりました。さらに同社は、LT Amazonasを通じてアマゾナス州、パラー州およびアマパー州で光ファイバネットワーク敷設を行い、ブラジル国内でも特に人里離れた地域の人々のデジタルインクルージョンを行っています。

TIMは、コーポレートガバナンスのレベルが非常に高い企業を集めたBM&FBOVESPAの「Novo Mercado」に電気通信業界で唯一、上場している企業です。また、BM&FBOVESPAのISE (企業持続性インデックス)とICO2(炭素ガス効率インデックス)の構成企業でもあります。詳しくは www.tim.com.br , www.tim.com.br/ir 、 www.twitter.com/timbrasil または www.facebook.com/timbrasil をご覧ください。

Xtera Communications, Inc.について

Xteraは、最大の容量・到達度・価値を提供するネットワークインフラの専門企業です。Xteraは、サービスプロバイダおよび大企業向けの光ネットワーキングおよびWAN最適化ソリューションを提供しています。Xteraの地上、海底、長距離、およびリージョナル光ネットワーキングソリューション、ならびにWAN最適化アプリケーションのポートフォリオは、世界各地で展開されています。Xtera社の光ネットワーキングソリューションは、サービスプロバイダが新規展開により市場到達度を拡大・促進し、既存ネットワーク資産をコスト効果の高いアップグレードで拡張できるようにします。XteraのWAN最適化ソリューションは、効率的でインテリジェントかつ柔軟なネットワーク最適化を提供しています。詳しい情報は、 www.xtera.com をご覧いただくか、LinkedIn、Twitter、FacebookおよびYouTubeをフォローしてください。

LinkedIn: http://linkd.in/18PO323
Twitter: https://twitter.com/xtera
Facebook: https://www.facebook.com/XteraComm
YouTube: http://www.youtube.com/user/Xtera812

プレスお問い合わせ先
Bertrand Clesca
Xtera Communications, Inc.
電話 +1-972-649-5135
電話 +33 1 45 48 15 67
メール bertrand.clesca@xtera.com

Xtera Communications, Inc.





Source: Xtera Communications, Inc.

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング