三菱重工、アンテナ分離型ETC車載器のニューモデル「MOBE-700」を発売

JCN Newswire / 2013年12月25日 17時2分

スタイル一新、使いやすさもさらに進化

Tokyo, Dec 25, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、アンテナ分離型ETC車載器のニューモデル「MOBE-700」を1月8日に発売します。2011年8月に発売した「MOBE-600」の後継機種で、同モデルで人気を博した業界唯一のLEDによるカードスロットのラインイルミネーションを引き続き採用するとともに、幅広い場所へ取り付けられるように操作ボタンを前面に配置し、使いやすさをさらに向上させたのが特長です。

MOBE-700は3つの主な特長を持っています。1つ目の、MOBE-600から引き継いだ「光が導く ラインイルミネーション」は、ラインイルミネーションがカード挿入口をやさしく照らし出すことで、暗い車内でもカード挿入位置とETC車載器の状態が一目で確認できるものです。また、2つ目の「シンプルな操作 フロントボタン」は、操作ボタンをカード挿入口がある面の右上に配置したもので、運転席まわりの目立たない所や運転席足元をはじめ車内のあらゆる場所への取り付けが可能となりました。「エレガントな造形 ウェーブライン」が3つ目で、どのような内装にも調和できるデザインとすることで車内の高級感を引き立てます。

本体は幅70mm×奥行105mm×高さ17mmの洗練されたコンパクトボディ機で、カラーバリエーションは定番のブラックと当社のコーポレートカラーを意識したネイビーブルーの2色を用意しました。

そのほかにも多彩な機能を搭載しており、アタッチメントなしにフロントガラスやダッシュボード上に取り付け可能なLED内蔵アンテナを採用。日本語音声案内機能、メロディ通知機能、ON/OFF設定も可能なカード抜き忘れ警告機能、利用履歴確認機能、累積金額通知機能などを搭載しています。さらに、カーナビゲーションとの連動機能も装備して、ユーザーの利便性を一層高めています。

ETC車載器のセットアップ件数は、11月末現在で4,400万台(新規セットアップ台数)に達しました。高速道路での利用率も80%を超えており、今後も更新需要含め一定の需要が見込まれています。当社は、市場の幅広いニーズに対応した新たな主力機種を加え、ETCユーザーの多様な要望に一層的確に応えていきます。

MOBE-700の基本仕様

型式: MOBE-700
タイプ: アンテナ分離型
外形寸法:
- 本体: 幅70×奥行105×高さ17mm
- アンテナ: 幅32.4×奥行32.4×高さ12.5mm
- アンテナケーブル: 3,500mm
入力電圧: DC 12V/24V
使用温度範囲: -30度~+85度
カードホルダー: カード全収納(イジェクトタイプ)
アンテナ仕様: LED内蔵/車内設置タイプ(アタッチメント不要)
日本語音声案内: あり
メロディ通知機能: あり
ブザー通知機能: あり
カード抜き忘れ警告機能: あり(ブザー、ON/OFF切替可)
ETCカード有効期限案内機能: あり(ON/OFF切替可)
累積金額通知機能: あり(リセット機能あり)
利用履歴確認機能: あり
カーナビゲーション連動機能: あり(クラリオン株式会社製)
カラーバリエーション:
- MOBE-700B ブラック
- MOBE-700N ネイビーブルー

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1312255466.html

三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Source: 三菱重工業株式会社

Copyright 2013 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング