ソニー、「2014 International CES」に出展

JCN Newswire / 2014年1月7日 14時26分

4K映像視聴体験をハード、コンテンツ両面から拡充;Xperia(TM) Z1 Compactの世界市場展開と、ライフログ(日常の記録)を活用したスマートウェア体験を推進

Tokyo, Jan 7, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、米国ネバダ州ラスベガスにて現地時間2014年1月7日(火)より開催される「2014 International CES」(国際家電ショー)において、2014年発売予定の新商品群を紹介します。

展示ブースは、「世界中の人々の好奇心を刺激し感動をもたらす」というソニーのミッションを具現化するユーザー体験の一つである「Play」をテーマに、「Play at FIFA World Cup(TM)」、「Play Music」、「Play Sports」、「Play Game」を含むエリアで構成されています。ブース内には、4K映像視聴体験を拡充する新商品群として、4K対応液晶テレビ ブラビア(TM)や、民生用4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム(TM)を展示します。自社のプレミアム映像配信サービスVideo Unlimited 4Kに加えて、インターネットTVサービスのNetflixを含むビジネスパートナーとの協業を通じ、コンテンツ面からも4Kの世界を推進していきます。また、モバイルの領域においては、2014年2月以降、世界市場へ展開するXperia(TM) Z1 Compactを含むXperiaスマートフォンに加え、日常の活動履歴を活用した新しいスマートウェア体験を実現する商品として、リストバンド型のスマートウェア商品を紹介します。

参考展示としては、最新の動画圧縮規格H.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)に新たに対応し、高解像度の4Kコンテンツを快適に視聴できる次世代4Kメディアプレーヤーおよび、迫力ある仮想大画面で楽しめるヘッドマウントディスプレイの後部に装着し、より臨場感のあるインタラクティブな視聴体験を提供する専用センサー、ヘッドトラッカーを紹介します。また、テニスラケットの動きやボールの状態をタイムリーに分析し、スマートフォン上で可視化することで、テニスの楽しみをさらに広げるラケット装着型のテニスセンサーも併せて展示します。

展示ブースの一般公開に先立ち、現地時間1月6日(月)に開催した記者会見において、以下の内容を披露しました。

1. 4K映像視聴体験のハード、コンテンツ両面の拡充

4K対応ブラビアの新たなラインアップとして、85V型から49V型までの3シリーズ9機種を発売します。光の輝きを忠実に再現する新技術、X-tended Dynamic Range(R) PROを新たに採用し、4K対応超解像エンジン、広色域、高輝度・高コントラストにより、高精細で臨場感あふれる映像体験を提供します。HEVC対応デコーダー内蔵により4K/60pコンテンツの再生が可能なほか、HDMI 2.0、MHL 3.0対応により、モバイル機器等からの幅広い4Kコンテンツ入力が可能です。

また、現行機比約1/4※1の小型サイズを実現した民生用4Kビデオカメラレコーダー ハンディカムの新商品は、大型1.0型有効約1420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R(R)(エクスモアアール)と新世代の画像処理エンジンBIONZ X(TM)(ビオンズエックス)、最大広角29mmのZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズを搭載しています。見たままの質感を保った高精細で遠近感のある描写が可能です。撮影した映像は、ブラビア等の4Kテレビでの鑑賞に加えて、フルHDテレビにおいても存分にお楽しみいただけます。撮影した4K映像※2をフルHDにダウンコンバートし、4Kハンディカムならではの高画質な映像を実現する4Kサンプリング フルハイビジョン再生と、4K映像から自由に範囲設定した2K映像を切り出して、フルHDテレビで鑑賞できるトリミング再生に対応します。※3

4Kコンテンツについては、昨年9月に米国で開始したVideo Unlimited 4Kに新作の映画や人気のテレビドラマを追加し、そのライブラリーは全140タイトル※4以上に達しています。また、4K対応ブラビアで4K写真が再生できるソニー独自の写真・動画クラウドサービスPlayMemories Onlineの展開エリアを2014年1月以降、27ヶ国・地域に順次拡大します。さらに、インターネットTVサービスのNetflixやYouTube(TM)、オンラインフォトコミュニティサイトの500px等のビジネスパートナーとの協業を推進し、ご家庭に届く4Kの世界を拡げていきます。

業務用映像制作の領域では、ソニーは撮影からビューイングまで一貫した4Kライブ制作・視聴環境を構築しています。2014 FIFA World Cupブラジル大会での決勝戦では、ソニーが4K撮影の技術支援を行います。

ソニーは、民生用、業務用の領域において、撮影から編集、配信からご家庭での視聴までトータルに展開するソニーならではの4K映像視聴体験を、ハードウェアおよびコンテンツの両面から推進していきます。

2. Xperiaスマートフォンの展開と、ライフログを活用したスマートウェア体験を推進

日本において株式会社NTTドコモより2013年12月に発売されたXperia Z1fをXperia Z1 Compactとして2014年2月以降、世界各国へ展開します。加えて、デジタルカメラやディスプレイ等の最先端技術を搭載し、ソニーの総合力を結集した2013年秋より発売中のXperia Z1をXperia Z1Sとして、米国通信会社のT-Mobileより、1月から米国で発売します。

また、センシング技術を搭載し、スマートフォンと組み合わせて使うことで、日常の活動を記録できるスマートウェア商品群を新たに展開します。その第一弾として、日々の行動を記録できるリストバンド型のスマートウェア商品を導入します。同商品は、加速度センサー等の搭載により、スマートフォンと連携しながら、歩数や移動した距離等を記録することができます。新しく開発したLifelog(ライフログ)アプリケーション上で、記録した履歴を活用することで、過去から現在にわたるユーザーの行動パターンの発見や、未来のコミュニケーションや行動のきっかけになる情報を提供します。さらに本体(センサー部分)をリストバンドから着脱することが可能で、ユーザーは他の装着スタイルで活動を記録することができます。

ソニーは、スマートウェア商品やスマートフォンを使って、歩数、音楽、写真、通話等の、日常の様々な活動をLifelogアプリケーション上で記録することで、生活をより楽しく便利にするスマートウェア体験を推進します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201401/14-001/index.html

※1: 現行機『FDR-AX1』との体積比で約1/4を実現。
※2: HD/50Mbps
※3: 本機をHDMIケーブルで対応テレビに接続し、ダウンコンバート再生した場合。
※4: 2014年1月7日時点。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング