ソニー、現行機比約1/4に小型化した4Kハンディカム(TM)を発売

JCN Newswire / 2014年1月15日 16時54分

大型で高感度な1.0型イメージセンサーを搭載し、暗所での高画質撮影も実現

Tokyo, Jan 15, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、現行機※1(「FDR-AX1」)に比べ、体積で約1/4※2、質量で約1/3に小型・軽量化し、手軽にフルHDの4倍高精細な4K※3/30p※4映像を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム(TM)「FDR-AX100」を発売します。

今回の「FDR-AX100」によって、4Kハンディカム(TM)のラインアップは、4K※3/60p※5までの撮影に対応する現行機「FDR-AX1」との2機種に拡充されます。

「FDR-AX100」は、高精細な4K映像の撮影に最適なイメージセンサー、画像処理エンジン、新開発レンズを搭載することで、見たままの質感や高精細で遠近感のある描写が可能となり、まるでその場にいるかのような没入感を体験できる、高画質な4K※3映像を実現します。

本機は、従来のハンディカムで採用しているCMOSイメージセンサーと比べて約4.9倍※6の受光面積を備えた大型で高感度な1.0型 有効約1420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R(R)(エクスモアアール)を搭載し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影が可能です。

また、新世代の画像処理エンジンBIONZ X(TM)(ビオンズエックス)の採用により、見たままの質感や高精細な描写が可能です。さらにその高速処理能力によって、「全画素超解像ズーム」(最大24倍※7)や、「4K※3静止画出力」、そして高画質フルHD対応のAVCHD動画と、スマートフォンなどへの共有・転送に便利なMP4動画の「同時ビデオ記録」といった、これまでのビデオカメラにはない新規機能も搭載しました。

加えて、高精細な描写を実現するために新開発した最大広角29mmZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズにより、最大12倍の光学ズームなどが可能です。さらに7枚羽根の虹彩絞りにより、レンズ交換式カメラのような美しいぼけのある映像表現が楽しめます。

さらに本機は、プロフェッショナル用に開発されたXAVC(R)フォーマットを民生用に拡張したXAVC Sの採用により、4K※3映像の長時間撮影や、動きの多い場面でも解像度の高い撮影を実現するHD映像のハイビットレート撮影(50Mbps)に対応しています。

4K※3で撮影した映像は、4Kテレビでの鑑賞に加え、フルHDテレビにおいても、4K※3映像の膨大なデータ量をもとにフルHD映像にダウンコンバートすることで、通常のフルHD映像より情報量が多く、より高画質な映像を楽しめる「4Kサンプリング フルハイビジョン再生」を実現します。また、4K※3映像からフルHD映像を任意の位置で切り出して、フルHDテレビで鑑賞するトリミング再生にも新たに対応します。さらに本機は、ブルーレイディスクと親和性の高いAVCHDでの撮影にも対応するなど、フルHDテレビをお持ちのお客さまにもお楽しみいただけます。

ソニーは、美しい景色や臨場感のあるシーンなど4Kならではの映像を今から残しておきたいとのご要望にお応えできる4Kハンディカムによって、家庭での新たな4Kの楽しみ方を積極的に提案していきます。

主な特長

1.現行機※1比、体積で約1/4、質量で約1/3に小型化し、より手軽に4K※3映像を撮影可能
2.高精細な4K※3映像の撮影に最適なイメージセンサー、画像処理エンジン、レンズを搭載
3.4Kの長時間記録やハイビットレート撮影が可能な記録方式XAVC Sを採用
4.4KテレビやフルHDテレビでも映像を楽しめる機能を搭載
5.多彩かつ簡単な操作で、表現豊かなマニュアル機能
6.編集ワークフロー

型名: デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム「FDR-AX100」
発売日: 3月14日
価格: オープン価格

※1 現行機「FDR-AX1」。
※2 現行機「FDR-AX1」との体積比(レンズフード装着時)。
※3 QFHD(3840×2160)
※4 29.97p
※5 59.94p
※6 1/2.88型との受光部面積比。
※7 フルHDで最大24倍、4Kでは最大18倍。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング