シャープ、タイで大規模太陽光発電所の建設を受注

JCN Newswire / 2014年1月27日 17時11分

太陽光発電所の設計、機器調達、建設(EPC※1)から保守・メンテナンス、運転管理まで

Osaka, Jan 27, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、タイ王国でSSP社※2より約52MW-dc※3の大規模太陽光発電所の建設を受注しました。今月中に着工し、本年末までに運転を開始する予定です。

本発電所の事業運営は、タイ王国の発電事業者であるSSP社※2が実施します。当社は、同国最大手の建設会社であるITD社/ITE社※4と共に、太陽光発電所の設計、機器調達、建設について一括請負工事契約を締結しました。これにより、タイ王国における当社の太陽光発電所の累計受注量は150MWを超える規模となります。

本発電所では、高温時の温度特性に優れる薄膜太陽電池モジュールを採用し、約1.3km2の広大な敷地に約40万枚の薄膜太陽電池モジュールと周辺システムを設置します。保守・メンテナンスおよび運転管理は2011年3月に設立したSSMA社※5が担当、特別な教育や訓練を受けた専任者が発電事業の運営をサポートしてまいります。

当社は今後も、太陽光発電所の設計、機器調達、建設から保守・メンテナンス、運転管理まで一貫して行うビジネスモデルを展開してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140127-a.html

※1 EPC(Engineering Procurement and Construction): 太陽光発電所の設計、機器調達、建設を一括して行う事業。
※2 SSP社(Serm Sang Palang Ngan Co.,Ltd): SNNP社(Tang Kim Heng Group)が母体の特別目的会社。発電事業の企画、投資、運営を行う。
※3 dc(direct current)、直流電流を指します。
※4 ITD社(ITALIAN-THAI DEVELOPMENT PUBLIC COMPANY LIMITED): タイ王国最大手の建設会社。国際空港や水力発電所などの公共事業から、民間のビル建設まで国内外の案件を手掛けている。ITE社(ITALTHAI ENGINEERING CO.,LTD.): ITD社の関係会社。電気設備供給、ビル・工場の設計など幅広いサービスを提供している。
※5 SSMA社(Sharp Solar Maintenance Asia Co.,Ltd.): アジア地域における大規模太陽光発電所の保守・メンテナンス業務を行う目的で、2011年3月21日に設立した当社の子会社。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング