Piksel、Invigor Groupを告訴

JCN Newswire / 2014年2月11日 13時8分

訴訟はKIT digitalによるHyro Limitedの買収に起因

New York, NY, Feb 11, 2014 - (JCN Newswire) - デジタルテレビジョンおよびメディアソリューションのグローバルプロバイダのPiksel, Inc. (「同社」)は、Invigor Group Limited (ASX: IVO) (「Invigor」) (旧称Hyro Limited)に対する法的措置を開始したことを発表しました。

2012年6月にPikselの被合併会社のKIT digital, Inc.は、Invigorのほぼすべての資産を、現金2億米ドルと約1500万米ドル相当額のKIT digital, Inc.株と交換で買収しました。Invigorに発行された株は「トップオフ」提供の対象でした。

Pikselの起こした告訴では、Invigorが顧客関係、事業見通し、および課金課税について不正、不注意および虚偽による表明を行ったとしています。Pikselの告訴の目的は、Invigorのトップオフ請求の不認可、賠償金請求、およびPikselの弁護士費用の回収です。今回の告訴は、以前に米国連邦破産裁判所ニューヨーク南部管区に対して起こされたKIT digital, Inc.再編に関する案件の修正です。この前回の案件ではInvigorのトップオフ請求は一般債権者の請求より優先度が低いとされました。

「Invigorは、売上高2500万米ドルで顧客満足度の高い事業を売却したと主張していました。Invigorはまた、未払いの納税義務はないと主張していました。」と、Piksel最高執行責任者のAllan Dunnは述べました。「実際には、Invigorの規模はその半分以下で、非常に速いペースで顧客を失っていました。Invigorにはまた、オーストラリアとニュージーランで開示していない多額の納税義務がありました。」

この訴訟は、Pikselの新経営陣のすべてのパートナーシップと合意のレビューの結果です。

「オーストラリアの上場企業としてInvigorは、Pikselの発行済み株式の8%を購入するワラントを受ける見込みであると、公式発表を続けています。我々は、これが審理で提示された場合、Invigorが不正で怠慢な表明を行ったという事実が証明されると考えています。このように訴訟の解決が保留中であるため、PikselはInvigorにいかなるワラントも発行しません。逆にPikselは、Invigorによる損害の回収を求める予定です。」と、同社最高財務責任者のFabrice Hamaideは述べました。

申し立ての全文は www.americanlegalclaims.com/kdi からご覧いただけます。

Pikselについて

弊社は、世界トップクラスのブランドが、動画で到達度とリターンを最大化する支援をしています。

Piksel では「テレビジョナリー」と名付けたエキスパートチームを編成し、AT&T、BSkyB、Celcom、Mediaset、Sky Deutschland、Televisaなどの大手メディア企業や、エアバス、Barnes & Noble、フォルクスワーゲンなどの大企業ブランド向けに、オンライン動画サービスの設計、構築、管理を行っています。

Piksel (旧称KIT digital, Inc.)の本社はニューヨーク市に、事務所はヨーロッパと南北アメリカの各地にあります。お客様は50か国以上1,600社以上です。 www.piksel.com

Twitter ( www.twitter.com/piksel )で同社をフォローする。

Pikselメディアお問い合わせ先:
Natasha Roberton
ブランドおよび広報担当VP
電話:+1-347-328 3545
メール: natasha.roberton@piksel.com

TallGrass PR (Piksel担当):
Allyson Klavens-Theis
電話:+1-201-230-1196
メール: allyson.klavenstheis@tallgrasspr.com

Piksel





Source: Piksel

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング