日立など、「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の東京地下鉄霞ケ関駅における実証試験のお知らせ

JCN Newswire / 2014年2月12日 17時14分

Tokyo, Feb 12, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)と日本信号株式会社(代表取締役社長 : 降簱 洋平/以下、日本信号)は、文部科学省の「社会システム改革と研究開発の一体的推進」事業で開発した「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の実証試験を、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線霞ケ関駅において行なうこととなりました。

文部科学省の「社会システム改革と研究開発の一体的推進」事業の「安全・安心な社会のための犯罪・テロ対策技術等を実用化するプログラム」は、安全・安心のための科学技術、特に犯罪・テロ対策等の技術について、関係省庁が連携して実用化をめざすプログラムです。

このうち、日立、日本信号、国立大学法人山梨大学が連携して実施している「自動サンプリング式トレース検出システム」プロジェクト(研究代表者 株式会社日立製作所 坂入実)で開発した「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の実証試験を行います。

日時: 平成26年2月18日(火曜日)~平成26年2月20日(木曜日)10時~17時
場所: 東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線霞ケ関駅、桜田通り方面改札内コーヒーショップ付近
実施内容:
(1) 高速で爆発物の有無を探知できる質量分析装置を内蔵したゲート内蔵型爆発物探知システムを駅構内に設置します。今回の試験では、爆発物を所持していない乗客から、誤って信号を得る「誤検出」を回避する手法を開発するために、駅構内の環境データを収集します。
(2) 今回の試験は爆発物の検出を目的としたものではないため、爆発物や危険物は一切使用しません。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/02/0212.html

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング