アジア・太平洋地区における「食のデスティネーション」、日本が第1位

JCN Newswire / 2014年2月19日 16時1分

ヒルトン・ワールドワイドの調査で、同地区における「食の旅」文化が明らかに

Singapore, Feb 19, 2014 - (JCN Newswire) - 世界をリードするホスピタリティ企業であるヒルトン・ワールドワイドは、アジア・太平洋地区9カ国 (シンガポール・香港・オーストラリア・日本・タイ・韓国・マレーシア・中国・インドネシア)において、「食のデスティネーション」にまつわる調査*を行いました。同地区に在住する18歳以上の男女2,700名の旅行者を対象に調査を行ったところ、同地区における、“好きな食のデスティネーション”として日本が第一位に選出されました。

- 本調査に回答したアジア・太平洋地区の旅行者のうち19% が日本が「食のデスティネーション」であると回答
- 同地区の旅行者の3分の1以上が、「食」は旅先を選択する上での決定的な要因であると回答
- 日本人旅行者が選ぶ同地区内での「食のデスティネーション」は日本
- 日本人旅行者の48% が休暇に使う全予算の最大半分にあたる金額を飲食費として使用

本調査では、 “好きな食のデスティネーション”として日本を選択した方は、回答者の全体の19% で1位となり、2位はタイ(同12%)、3位は韓国(同11%)となっています。また本調査では、回答者全体の19% が、自国を 「食のデスティネーション」であると選びました。この傾向は、インドネシア、オーストラリア、韓国、日本、マレーシア出身の回答者に最も多く見られました。

さらに本調査では、全体の36% の方々にとって、「食」は旅行先を選ぶ際の重要な決定要因であるという結果となりました。その一方で、「食」を全く考慮しないと答えた回答者はわずか5% でした。

ヒルトン・ワールドワイドのアジア・太平洋地区料飲担当副社長のマーカス・シューラーは、「国や主要都市において提供される食体験は、アジア・太平洋地区の観光客が旅行先を選ぶ際、明らかに重要な決定要素になります。昨今、観光客が旅先で求める飲食のレベルは高くなっており、それはホスピタリティ業界にとって重大な課題であると言えます。ホテルが単に休息の場であった日々は過去のことです。ご宿泊のお客様には、滞在中にクオリティの高い食体験を味わっていただけるよう、それぞれのお客様のニーズに合わせたサービスや情報を提供することにより、ホテルそのものが「食のデスティネーション」になる必要があると言えます」と述べています。

日本、オーストラリア、中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、シンガポール、タイの観光客の回答を見ると、旅行費用においても「食」が優先されることが示され、回答者の43% が同費用の最大半分にあたる金額を飲食費に割り当てているという結果となりました。

また、食は旅行者が休暇中に優先する行動にも影響を及ぼし、回答者全体の90% の方々が現地の名物料理を試しにわざわざ足を運び、87% が地元のレストランや屋台を探すと答え、79% が目的地を訪れる際にフード・フェスティバルやフード・マーケットのような食文化を体感できる場所を探すと回答しています。

「食のデスティネーション」に何を求めているかという質問には、49% の回答者が料理のバラエティを最も重視しており、それに続いてめずらしい地元の珍味や名物がある土地、フード・マーケットやフェスティバルのような文化的な食体験ができるところなど、ユニークな地元料理があることが挙げられました。

最後に、本調査についてシューラーは、「最近のグルメな旅行者は、クオリティと多様性を兼ね備えた、本物の食体験を求めています。これは私共が真剣に取り組んでいる課題であり、アジア・太平洋全域の系列ホテルと密接に協力しながら、他にはない、ユニークな食体験を提供することで、お客様に記憶に残る滞在をお楽しみいただければと思っています」と述べています。

本調査は、ヒルトン・ワールドワイドのデスティネーション・マーケティング・キャンペーンの一環として実施されたものです。同キャンペーンは2014年3月末まで、アジア・太平洋地区にある、ヒルトン・ワールドワイドの系列ホテルにおける、最低価格保証をお客様に提供するものです。

* 調査概要:
- 対象国: アジア・太平洋地区9カ国
(シンガポール・香港・オーストラリア・日本・タイ・韓国・マレーシア・中国・インドネシア)
- 実施期間: 2013年秋
- 対象者: 同地区に在住する18歳以上の男女2,700名の旅行者

ヒルトン・ワールドワイドについて

ヒルトン・ワールドワイドは、世界をリードするホスピタリティ企業であり、ラグジュアリーホテルやリゾートから長期滞在型のスイートや中価格帯ホテルにいたるまで、幅広くホテル事業を手がけています。ヒルトン・ワールドワイドは94年にわたり、世界各地からビジネスやレジャーで訪れるゲストに、最高級の宿泊施設、サービス、アメニティ、そしてバリューを提供し続けてきました。当社は、グローバルに認知されたブランドがあらゆる地域でゲストに特別な体験をお届けできるよう、引き続き全力を尽くしてまいります。90ヶ国で4,000軒、67万室を超えるホテルを展開する当社のブランドには、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、エンバシー・スイーツ・ホテルズ、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトン・ホテルズ、ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン、ホーム2・スイーツ・バイ・ヒルトンおよびヒルトン・グランド・バケーションが含まれています。また当社は、世界トップクラスのゲスト特典プログラムである、ヒルトンHオナーズも運営しています。

ヒルトンHオナーズについて

ヒルトンHオナーズは、ヒルトン・ワールドワイドが誇る有名10ホテルブランドの特典プログラムです。Hオナーズの約3,800万人の会員の皆さまは、他のどの顧客特典プログラムよりも多くの方法でポイントを獲得・利用でき、90の国と地域の4,000軒以上のホテルでまたとないひと時を楽しんでいただけます。現在、プレミアムルーム特典、お部屋のアップグレード特典、ポイント&マネー特典、スタンダードルーム特典の4種類の客室特典をご用意しており、最も豪華なスイートルームを含め、客室、立地、時期を問わずいつでもどこでもポイントをご利用いただけます。さらにユニークな体験を味わうことができる特典や、ショッピングやパッケージ旅行、慈善活動への寄付などにポイントをご利用いただけます。また、特典除外日なしで無料宿泊のホテル特典をご利用いただける、唯一のプログラムで、さらに、一度のご滞在でHオナーズ・ボーナスポイントとエアラインマイルを同時に獲得できます。ご利用いただけるホテルは、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、エンバシー・スイーツ・ホテルズ、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトン、ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン、ホーム2スイーツ・バイ・ヒルトン、ヒルトン・グランド・バケーションなど世界各国のホテルです。Hオナーズへの入会は無料で、登録は www.HiltonHHonors.com よりオンラインで行うことができます。ヒルトンHオナーズへのお問い合わせは http://news.hiltonhhonors.com をご利用ください。また、会員の皆さまはiPhone用の新しいヒルトンHオナーズ モバイルアプリ( https://itunes.apple.com/us/app/hilton-hhonors/id635150066?mt=8 )で、予約、個人アカウント管理、特典への交換を行うことができます。

【報道関係者からのお問い合わせ先】
エデルマン・ジャパン株式会社
Email: HiltonHHonorsJapan@edelman.com

ヒルトンHオナーズ





Source: ヒルトンHオナーズ

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング