シンガポールで開催された「アジアのベストレストラン50」でNahmがトップ・レストランに選ばれる

JCN Newswire / 2014年2月25日 16時48分

Singapore, Feb 25, 2014 - (JCN Newswire) - シンガポールで開催された2014年度「アジアのベストレストラン50」で、バンコクのNahmが第1位となり、「サンペレグリノ・アジアのベストレストラン賞」のタイトルを獲得しました。2010年にオープンしたこのレストランには同時に、「サンペレグリノ・タイのベストレストラン賞」も贈られました。

開催2年目の「アジアのベストレストラン50」のメインスポンサーはサンペレグリノ&アクアパンナで、主催はウィリアム リード ビジネス メディア社です。2014年度受賞者の発表は、シンガポールのカペラ シンガポールで行われた授賞式で発表されました。

2014年度「アジアのベストレストラン50」の最多ランクイン国は中国で、16店がランクインし、続いて日本の10店、その次にシンガポールの8店でした。2014年度には、韓国のJungsik (第20位)や台湾のLe Mout (第24位)など、10店が新規でランクインしました。

各国賞:

香港のAmber (第4位)は、「サンペレグリノ・中国のベストレストラン賞」のタイトルを獲得しました。

昨年優勝したNARISAWA (第2位)は、「サンペレグリノ・日本のベストレストラン賞」のタイトルを獲得しました。日本ではレフェルヴェソンス(第25位)、すきやばし次郎(第38位)、さわ田 (第41位)の3店が新規入賞しました。

「サンペレグリノ・シンガポールのベストレストラン」には、2年連続でRestaurant Andre (第6位)が選ばれました。シェフオーナーのAndre Chiangは、2014年度「アジアのベストレストラン50」のシェフたちの投票による栄えある「シェフズ・チョイス賞」にも選ばれました。シンガポールでは、新規入賞のTippling Club (第23位)など8店が受賞しました。

インドは6店と大健闘しました。中でもBukhara (第27位)は、「サンペレグリノ・インドのベストレストラン賞」のタイトルを獲得しました。

「アジアのベストレストラン50」ではさらに、コロンボの Nihonbashi (第44位)が「サンペレグリノ・スリランカのベストレストラン」に、またバリのSarong (第47位)が「サンペレグリノ・インドネシアのベストレストラン」に輝きました。

受賞者には他に、栄えある 「ダイナーズクラブ ライフタイムアチーブメント アワード(特別功労賞)」に選ばれた上海の厲家菜のIvan Li氏がいます。台湾のLe MoutのシェフLanshu Chen氏は、彼の店が第24位となり「サンペレグリノ・台湾のベストレストラン賞」の座を守っただけでなく、Lanshu氏本人も「ヴーヴ・クリコ アジアの最優秀女性シェフ賞」に選ばれました。

発表された他の受賞者は次のとおりです。

ペローニ・ナストロ・アズーロ協賛の「注目のレストラン賞」: 天空龍吟
日本の龍吟の香港第一号店で、第50位に新規入賞しました。シェフの山本征治氏により、長い歴史と伝統のある日本料理に、心のこもったモダンなスタイルをプラスした料理をお出ししています。

ザカパ・ラム協賛の「ハイエストクライマー賞」: 福臨門
香港のレストラン、福臨門は2013年の第48位から29位上がって、今年は第19位となりました。

カカオ・バリー協賛の「アジアの最優秀パティシエ賞」: Janice Wong
シンガポールの2am: dessertbarのオーナーシェフ、Janice Wongは、この栄光ある賞を2年連続で獲得しました。

レ・コンシェルジュ協賛の「最上位の新規入賞レストラン賞」: Jungsik
2014年度「アジアのベストレストラン50」の第20位に新規入賞したこのソウルのレストランは、レ・コンシェルジュ協賛の「最上位の新規入賞レストラン賞」と「サンペレグリノ・韓国のベストレストラン賞」に選ばれました。

2014年度「アジアのベストレストラン50」のグループエディターのWilliam Drewは次のように述べました。「今回新たに10店が入賞したように、『アジアのベストレストラン50』はまだまだ進化と成長を続けています。新規入賞したレストランは、変化を続けるアジア料理界の創造性、多様性、そして洗練性をよく示しています。」

受賞者全員の一覧は www.theworlds50best.com/asia でご覧になれます。

写真
The winning chefs and restaurateurs take to the stage at Asia's 50 Best Restaurants, sponsored by S.Pellegrino & Acqua Panna
http://release.media-outreach.com/release.php/Images/1569

企業ロゴ
http://release.media-outreach.com/release.php/Images/1554

報道関係者各位:

「アジアのベストレストラン50」のマニフェスト:
ウィリアム リード ビジネス メディア社が主催する「アジアのベストレストラン50」のリストは、国際的なレストラン業界専門家900人以上の意見と経験を集めて年1回発表されます。

メインスポンサーについて:
このイベントのメインスポンサーは、サンペレグリノ&アクアパンナが務めています。サンペレグリノ&アクアパンナは、世界中の高級レストランにおいてファインダイニングのパートナーとして知られるナチュラルミネラルウォーターのブランドです。両ブランドはともに、イタリア流の上質な暮らし、喜び、健やかなライフスタイルを世界に届けてきました。

スポンサーについて:

-- サンペレグリノ&アクアパンナは、公式ミネラルウォーターサプライヤーおよびメインスポンサーで、 「サンペレグリノ・アジアのベストレストラン賞」および国別の「サンペレグリノ・ベストレストラン賞」のスポンサーです。
-- ダイナースクラブ・インターナショナルは、公式クレジットカード・スポンサーで、「ダイナーズクラブ ライフタイムアチーブメントアワード」のスポンサーです。
-- カカオ・バリーは、公式チョコレートサプライヤーで、「アジアの最優秀パティシエ賞」のスポンサーです。
-- レ・コンシェルジュは、公式グローバル・コンシェルジュ・スポンサーで、「最上位の新規入賞レストラン賞」のスポンサーです。
-- ペローニ・ナストロ・アズーロは、公式ビールサプライヤーで、「注目のレストラン賞」のスポンサーです。
-- ロバート・モンダヴィ・ワイナリーは、公式ワインサプライヤーです。
-- ヴーヴ・クリコは、公式シャンパン・サプライヤーで、「ヴーヴ・クリコ アジアの最優秀女性シェフ賞」のスポンサーです。
-- ザカパ・ラムは、公式スピリッツサプライヤーで、「ハイエストクライマー賞」のスポンサーです。
-- アット・サンライス・グローバルシェフ・アカデミーは、ワークショップの公式会場提供スポンサーです。
-- カペラ シンガポールは、授賞式の公式会場提供スポンサーです。

メディア関係者へのご注意:
詳しい情報については、メディアセンターでオンライン登録する必要があります。
www.theworlds50best.com/asia/en/media-centre-registration.html

お問い合わせ先:
CatchOn & Company (香港)
Paul Calder
Nicole Koo
Michelle Lee
メール: www2.marketwire.com/mw/emailprcntct?id=CC8119D034D2B632
電話:+852 2807 0222

Asias 50 Best Restaurants





Source: Asias 50 Best Restaurants

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング