パナソニック、ポータブルトイレ「座楽」ラフィーネを発売

JCN Newswire / 2014年3月7日 16時5分

使用する方の動作を考えたフィッティング性能―「ラク」に人にも空間にも」「フィット」するポータブルトイレ

Osaka, Mar 7, 2014 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社エコソリューションズ社の関係会社であるパナソニックエイジフリーライフテック株式会社(本社:大阪府門真市、社長:山崎智司)は、生活空間に溶け込むデザインで、使用する方の動作を考え、フィッティング性能にこだわった、排泄用品「ポータブルトイレ<座楽>ラフィーネを4月21日より発売します。

近年、家庭で要介護の方が使用するポータブルトイレにおいても、生活空間になじむデザインやカラーが求められる傾向にあります。また、使用する際にはベッドからポータブルトイレへ移乗するといった負担がかかる動作でも、より安心して楽に利用できるものを求める声も多くなっています。

本製品はパナソニックエコソリューションズ社が総合住設メーカーとして培った空間デザインに加え、社外のCMF*デザイナーと協働することで、より生活空間に溶け込むデザインを実現しました。

上質で落ち着きのあるモカブラウンと華やぎのあるミスティパープルの2色をラインアップしました。

また、被介護者の身体状況やニオイに対するニーズなどに配慮した機能も充実させました。

機能面ではワンプッシュで昇降するひじ掛けを装備。ベッドから楽に移乗し、使用する際の動作負担を軽減するため便フタを少し持ち上げるだけでバネの力でスムーズに開くオープンアシスト機構を開発し、本製品に採用しています。また、脱臭タイプは、「光触媒」と「活性炭」による高性能ハイブリッド脱臭器を搭載しています。

当社は、被介護者が自立しながら安心して使え、また、介護者にとっても負担を軽減できるような製品を提供することで、各家庭の健やかで心豊かな暮らしに貢献していきます。

<特長>

1. 生活空間に溶け込むデザインとカラー
2.被介護者の身体状況、ニーズに合わせた4種類の便座バリエーションや脱臭機能を搭載
3.ワンプッシュで簡単にひじ掛けが便座面の高さまで下がる、移乗に便利な「ひじ掛け昇降機能」
4.少しフタを持ち上げるだけでバネの力で簡単に開けられる「便フタオープンアシスト機構」

品名: ポータブルトイレ<座楽>ラフィーネ
品番: PN-L30200 (全18品番)
希望小売価格(税抜): 26,000円(シリーズ全体26,000円~65,000円)
発売日: 2014年4月21日
販売目標: 3万台/年(2015年度)

* 全てのモノにあるサーフェイス(表面)に特化してデザインを行うこと。COLLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISH(表面加工)についてデザインする。ヨーロッパでは十数年前から普及しているデザインの概念だが、日本ではここ数年の間に普及し始めている。

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング