日立など、福島第一原子力発電所での燃料取り出し向け調査用ロボットを開発

JCN Newswire / 2014年3月10日 17時30分

水中や障害物に囲まれた狭い空間で姿勢や形状を自在に変化するロボット

Tokyo, Mar 10, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)と日立GEニュークリア・エナジー株式会社(取締役社長 : 武原 秀俊/以下、日立GE)は、姿勢や形状を自在に変化させ、狭隘空間であっても障害物を回避しながら、広い範囲を遠隔で調査できる水中走行遊泳型ロボット(クローラ)と形状変化型ロボット(クローラ)を開発しました。この二つのロボットは、資源エネルギー庁が補助事業として進めている福島第一原子力発電所での燃料取り出し作業に用いるための遠隔装置の開発に先立ち、日立と日立GEが各種調査に用いるために開発したものです。水中走行遊泳型ロボットは水中、形状変化型ロボットは陸上において、人間が作業することができない障害物や構造物に囲まれた狭い空間での移動が可能であり、冷却水の漏えい箇所の調査や燃料状態の調査に活用することができます。

福島第一原子力発電所では、圧力容器内に冷却のために水を継続的に注入しています。冷却水の一部は、圧力容器から格納容器を経て、発電所建屋の地下階などに漏えいし、放射性物質を含む滞留水となっています。滞留水は、放射性物質や塩分除去などの浄化作業を経てタンク内に保管されていますが、滞留水を減少させるには、原子炉建屋内での漏えい箇所を特定し、補修(止水)することが必要です。

こうした状況に対応して日立と日立GEは、水中での水平及び垂直面の壁面走行と遊泳動作を1台で可能にした水中走行遊泳型ロボットと、直径100mmの管内走行と凹凸面上の安定走行を両立した形状変化型ロボットを開発しました。二つのロボットは、今後、資源エネルギー庁が実施している補助事業を通じて、福島第一原子力発電所の燃料取出しに向けた調査装置へ活用していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/03/0310e.html

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

株式会社日立製作所
日立研究所 企画室 [担当 : 影山]
電話 0294-52-7508(直通)


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング