トヨタ博物館、「モノ語る博物館」をスローガンに開館25周年企画展「トヨタ博物館『裏』展」ほかを開催

JCN Newswire / 2014年3月19日 17時21分

Toyota City, Mar 19, 2014 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、4月16日(水)に開館25周年を迎えるにあたり、原点に立ち返り、人と車の豊かな未来に貢献する博物館を目指すとの想いから、「モノ語る博物館へ」をスローガンに掲げ活動していく。

「モノ語る博物館へ」とは、クルマを展示するだけでなく、その歴史的な意味や背景にあるヒトの創造への情熱、その時代の文化に焦点を当て、これまで以上に語り伝え、発信していく博物館を目指すもの。有識者を招いたシンポジウム開催など、これまでと違った発信のあり方も推進していく方針である。

まずスタートとして、開館25周年記念 企画展 「トヨタ博物館『裏』展」を4月19日(土)から7月6日(日)まで開催する。25年間の博物館活動の総括として、普段見ることができない博物館の裏側も紹介。収蔵車約500台、収蔵品約3万点から新たに選抜展示し、その魅力を紹介する。また、博物館を支えている裏方の活動にもスポットをあて、「フランクリン」(1918年・アメリカ)のレストア活動を紹介する。同車は当時としてはユニークな空冷エンジンなど挑戦に満ちた車で、企画展初日の4月19日(土)には「フランクリン」のベアシャシーの走行を披露する。

また、5月11日(日)からの「トヨタ博物館『裏』案内ツアー」開催などをはじめ、車両整備室など普段見ることができない当館の裏の素顔に出会える場面がふんだんに織り込まれている。

併せて、開館記念日をはさむ4月12日(土)から20(日)までを開館25周年記念「感謝ウィーク」とし、期間中は入館特典として入館料半額や、オリジナルピンバッジプレゼント等(先着制限有)を実施する。なお、ゴールデンウィーク期間中には、親子向けイベント「ゴールデンウィークイベント2014」も開催する。

今回、開館25周年のスローガン「モノ語る博物館へ」を盛り込んだオリジナルイラストの作成をはじめ、ホームページのリニューアルや、常設展示車の展示替えも実施した。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/1191849

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング