ソフトバンクBB、間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を新関西国際空港グループへ提供

JCN Newswire / 2014年3月24日 17時33分

電子契約化でコスト削減と業務効率の向上を実現

Tokyo, Mar 24, 2014 - (JCN Newswire) - ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「ソフトバンクBB」)は、新関西国際空港株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役社長:安藤 圭一)を主管として、新関西国際空港エンジニアリング株式会社、関西国際空港情報通信ネットワーク株式会社、株式会社関西エアポートエージェンシーをはじめとするグループ会社7社(以下「新関西国際空港グループ」)へ、間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を提供します。また、新たに電子契約サービスの提供を開始しますので、お知らせします。

新関西国際空港グループでは、大阪国際空港との経営統合などにより工事や役務の発注数が増加していることから、一定条件の購買・調達業務において「パーチェスワン」を導入し業務を効率化することを計画しています。2013年10月から電子カタログからの購買を、2014年1月から特定の見積り業務を試験的に始めており、2014年4月からグループ会社7社で本格導入を開始します。

新関西国際空港グループが「パーチェスワン」で購買する品目は、施設点検、修理などの役務、簡易な工事および事務用品、工具、部品などの備品・消耗品です。「パーチェスワン購買センター」では、新関西国際空港グループの依頼に基づき、複数の登録サプライヤーから見積もりを取得し、価格を比較して購入先を選定する見積もり購買を行います。また、頻繁に購入する事務用品や空港内の各種備品に関しては、電子カタログ化をすることで、購買業務の迅速化と効率化を図ります。

さらに今回の取り組みでは、「パーチェスワン」として新たに電子契約サービスの提供を開始します。利用する電子契約サービスは、新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬)がクラウドサービスとして提供する「サインナップワン」を採用しました。「サインナップワン」は、契約書の電子化に必要な各種機能とサービスを統合し、契約書締結から、保管・管理、検索までをトータルにクラウド化した電子契約サービスで、今後ソフトバンクBBが「パーチェスワン」の購買業務サービスを通じて蓄積した契約業務ノウハウを生かし、「サインナップワン」を販売していく計画です。

今回「パーチェスワン」でのサービス開始にあたり、まず、ソフトバンクBBが新関西国際空港グループの既存の登録取引先(サプライヤー)約500社との取引基本契約の締結において電子契約サービスの利用を開始し、その後新関西国際空港グループとサプライヤー間の一定条件の取引契約に電子契約サービスを利用していきます。従来の契約書に代わり「サインナップワン」を利用した電子契約に移行することで、印紙代や郵送費などの経費削減をはじめ、契約書の保管・管理・検索を「サインナップワン」に一元化することにより業務の大幅な効率化を実現します。

ソフトバンクBBは、「パーチェスワン」のサービスを通じ、今後も積極的にサプライヤー企業との協業を進め、バイヤー企業にとってさらに魅力的な購買サービスに熟成させ、間接材購買市場における一層の事業拡大を目指していきます。

「パーチェスワン」の詳細はこちらをご覧ください。

ソフトバンクの間接材購買システム&サービス パーチェスワン(別ウィンドウで開きます)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.softbank.jp/corp/group/sbb/news/press/2014/20140324_01/

[注]
※ 「パーチェスワン」は、ソフトバンクBB株式会社 コマース&サービス事業が提供するサービスです。ソフトバンクBB株式会社 コマース&サービス事業は、2014年4月1日より事業を分離し、ソフトバンク コマース&サービス株式会社となります。



ソフトバンクBB株式会社

詳細は www.softbankbb.co.jp をご覧ください。



Source: ソフトバンクBB株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング