ホンダ、信号情報活用運転支援システムの公道実証実験を開始

JCN Newswire / 2014年3月28日 16時36分

商品化に向けてシステムの効果を検証

Tokyo, Mar 28, 2014 - (JCN Newswire) - Hondaは、これまで参画してきた新交通管理システム(UTMS)※1の研究開発の一環として、栃木県警察、一般社団法人UTMS協会と連携し、2014年4月に栃木県宇都宮市において信号情報活用運転支援システムの公道実証実験を開始します。実験では、同システムの実用化に向けた最終検証として、システム全体の機能および効果を、大規模で長期的な公道実走により検証していきます。

信号情報活用運転支援システムは、道路脇に設置された高度化光ビーコン※2から取得できる信号情報と、自車の位置や速度の情報を用いて、信号のある交差点での円滑な運転を支援するシステムです。前方にある交差点を青信号で通過できる場合には、推奨速度が車両のディスプレイに表示され、ドライバーはその速度を維持することでスムーズに交差点を通過できます。赤信号のタイミングに重なり通過できない場合は、ディスプレイにアクセルOFFを促す表示がされ、ドライバーは早期に減速を開始することができます。さらに、信号待ちでの停止中には、赤信号の残り時間が表示され、発進の遅れを防止します。このシステムにより、信号交差点を通過する際に不必要な加減速が減り、交差点事故の未然防止や、実用燃費の改善が期待されています。

この実験では、宇都宮市近郊の5路線を実験路線として、当該路線を走行するHonda従業員の通勤車両など、約100台を対象にシステムに対応する車載機を搭載します。2014年4月からおよそ1年かけて、安全に関わる急減速や急加速などの車両挙動の変化、CO2低減や燃費改善効果、交通流への影響を検証します。その検証結果をさらなる研究開発に活かし、商品化を目指します。

Hondaは、UTMSプロジェクトへの参加を通じて、より安全で低炭素な移動を可能とする路車間通信の技術を進化させ、「『自由な移動の喜び』と『豊かで持続可能な社会』の実現」を目指していきます。

※1 警察庁がITSの一環として推進している、情報通信技術を活用した交通の安全と円滑、環境の保護などを目指した新しい交通管理システム(UTMS:Universal Traffic Management Systems)
※2 近赤外線技術を応用した、走行車両の車載装置との双方向通信機能と車両感知機能を併せ持つ装置

<実証実験概要>
- 期間: 2014年4月から約1年間
- 実験路線: 宇都宮市近郊の5路線
- 対象車両: 当該路線を走行するHonda従業員の通勤車両など約100台
- 検証項目:
1. 安全性に寄与する車両挙動の変化を評価(急減速・急加速の低減など)
2. CO2の低減や燃費改善効果
3. 交通流への影響(旅行時間、交通量など)

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング