三菱自、北京モーターショーで「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」など11車種を展示

JCN Newswire / 2014年4月10日 17時19分

Tokyo, Apr 10, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、2014年4月20日(日)から[一般公開は23日(水)から]4月29日(火)まで、中国 北京の新国際展覧センターで開催される第13回 北京国際モーターショー(オートチャイナ2014)に出展します。これは、三菱自動車が三菱汽車銷售(中国)有限公司、広汽三菱汽車有限公司、東南(福建)汽車工業有限公司と共に出展するもので、中国で生産・販売する車両を含む合計11車種を展示します。

本モーターショーでは、「@earth TECHNOLOGY」をテーマに、SUVの機能性と安心感を象徴する新たなデザインを取り入れた、三菱自動車のクルマづくりの方向性を示す2台のコンセプトカー、「MITSUBISHI Concept GC*1-PHEV」、「MITSUBISHI Concept XR*2-PHEV」を参考出品(中国初披露)します。

「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」は、3.0L V6スーパーチャージドMIVEC*3エンジン、8速オートマチックトランスミッション、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するFRタイプのプラグインハイブリッドEVシステム(以下PHEVシステム)を搭載し、オールラウンドSUVに相応しい走りを実現するフルタイム4WDの次世代ラージSUVです。

「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」は、ダウンサイジングコンセプトを取り入れた1.1L直噴ターボチャージドMIVECエンジン、軽量・小型・高効率モーター、大容量バッテリーなどで構成するFFタイプのPHEVシステムを採用し、“走る歓び”の新次元を拓く次世代コンパクトSUVです。

この2台のコンセプトカーには、次世代の情報システムを活用したコネクティッドカー技術と予防安全技術を組み合わせ、「危険を察知して安全機能を的確に作動させる」安全機能や「故障や異常を早期に発見して修理やメンテナンスを促す」安心機能を採用しています。

この他、2012年11月より中国で現地生産を開始し、2013年度C-NCAP*4衝突試験において5★安全評価を獲得したコンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」や2013年1月から中国で販売を開始した「アウトランダー」などを出品します。

尚、三菱自動車のプレスブリーフィングは、4月20日(日)10:30より三菱自動車ブース(W2ホール207)にて開催予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1…GC: Grand Cruiserの略。壮大な大地を堂々と、かつ環境に優しく走り抜けるという意味。
*2…XR: X(cross)over Runnerの略。スタイリッシュなクロスオーバーコンセプトと、街中をきびきびと走るという意味。
*3…Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system(三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称)。
*4…中国自動車技術研究センターによって行われる自動車アセスメント(China New Car Assessment Programme)の略称で、フルラップ前面衝突試験、オフセット前面衝突試験、側面衝突試験、及び後面衝突頸部保護性能試験の4つの試験と安全装備要件で安全性を評価。

出品車一覧

車名: 台数/備考
MITSUBISHI Concept GC-PHEV: 1台/コンセプトカー、参考出品、中国初披露
MITSUBISHI Concept XR-PHEV: 1台/コンセプトカー、参考出品、中国初披露
アウトランダー: 2台/日本生産車(岡崎)
パジェロ: 1台/日本生産車(パジェロ製造)
ASX: 2台/日本名:RVR、中国生産車(広汽三菱汽車)
パジェロスポーツ: 2台/中国生産車(広汽三菱汽車)
ランサー: 2台/日本名:ギャラン フォルティス、中国生産車(東南汽車)
合計: 11台

なお、4月10日より三菱自動車の北京国際モーターショーに関する様々な情報を配信していくスペシャルサイトを開設します。

- 日本語版
www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2014/bms2014/
- 英語版
www.mitsubishi-motors.com/en/events/motorshow/2014/bms2014/
- 中国語版
www.mitsubishi-motors-global.cn/ms-bj2014/ch

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング