ホンダ、プロパンガスを用いて発電が可能な防災向けポータブル発電機を開発

JCN Newswire / 2014年4月21日 17時24分

2014年6月よりLPガス機器事業者へ供給を開始

Tokyo, Apr 21, 2014 - (JCN Newswire) - Hondaは、停電などの非常時にプロパンガスを用いて1.5kVAの発電が可能なポータブル発電機「EU15iGP」を新たに開発し、2014年6月よりLPガス機器事業者に向けて供給を開始します。

この発電機は、燃料にガソリンを用いる既存のインバーター搭載発電機「EU16i」(定格出力1.6kVA)をベースに開発。広く一般家庭のガス機器で使用され、放置劣化が少ないプロパンガスを燃料にすることで、非常時に使用者がワンタッチで接続して使用することができ、長時間※1の使用も安心かつ簡単に行える低圧※2LPガス発電機です。

【低圧LPガス発電機の主な特長】

- 正弦波インバーターの搭載により、商用電源と同等の安定した出力を提供
- 本機を2台並列に接続する並列運転機能により、最大3kVAまでの出力が可能
- 冬場や夜間といった低温環境での使用も可能(外気温マイナス15度からプラス40度まで使用可能)
- チョークレス仕様により、始動操作が簡単
- 超低騒音(現行ガソリン仕様のEU16iと同等レベル)

【主な想定使用機器例】※3

- 家庭用LPガス機器(ガス給湯器、ガスファンヒーターなど)の作動電源
- 情報通信機器(テレビ、パソコン、ラジオ、携帯電話など)
- 照明機器(投光機、LED照明など)

Hondaは、東日本大震災後、停電などの非常時に使える自家用発電機に対する消費者ニーズが高まっているのを背景に、ガソリン仕様のインバーター搭載発電機をベースとした低圧LPガス仕様の防災向け発電機「EU9iGP」を開発。震災翌年の2012年8月より、LPガス機器事業者への供給を開始しました。低圧LPガス発電機の第2弾となるEU15iGPの供給開始で、プロパンガスを使用する全国の一般家庭や企業、自治体などのさらなる防災ニーズに応えていきます。

※1 LPガス50kg使用時で約74時間の使用が可能
※2 「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」で定める2.0kPa以上~3.3kPa以下のガス圧力
※3 消費電力およそ1500W以下の電気機器

本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Source: 本田技研工業株式会社

Contact:

お客様相談センター
0120-112010(いいふれあいを)


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング