エーザイ、顧みられない熱帯病とその制圧活動に関する総合情報サイト「エーザイ“医薬品アクセス”ナビゲーター」を開設

JCN Newswire / 2014年4月24日 16時50分

Tokyo, Apr 24, 2014 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、本日、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases 以下、NTDs)およびその制圧に向けた取り組みなどについてわかりやすく解説した総合的な情報サイト「エーザイ“医薬品アクセス”ナビゲーター(Eisai ATM Navigator)」( http://atm.eisai.co.jp/ )を開設しました。

世界の多くの開発途上国は、貧困や医療制度の未整備などから、必要な医薬品が、必要とされる人々のもとに届かないという「医薬品アクセス問題」を抱えています。特に、貧困層を中心に世界149の国と地域で蔓延し、感染者数が約10億人ともいわれるNTDsは、その多くが先進国ではすでに制圧されているにも関わらず、蔓延国では患者様が治療法にアクセスできないという世界的な医薬品アクセス問題を有しています。その要因は、蔓延国における薬剤の供給環境が整っていない、疾病についての情報が不足している、病気の診断方法や予防方法、治療法が浸透していないなど複雑で、政府機関、非政府組織(NGOs)や製薬産業等官民が協調して解決に臨むことが求められています。

「エーザイ“医薬品アクセス”ナビゲーター」では、先進国だけでなく蔓延国の患者様・生活者・医療従事者・ボランティアスタッフの方々を対象に世界保健機関(以下、WHO)が定めた17のNTDsおよび三大感染症(HIV/エイズ・マラリア・結核)について、その感染原因、症状、感染地域、治療方法や予防方法などをわかりやすく解説したコンテンツを掲載しています。また、これらの疾患の制圧に向けた当社を含む製薬企業やその他の団体の活動を紹介しています。

当社は、本サイトが医薬品アクセスやNTDsの課題について世界中の人々に対して啓発する機会となるとともに、NTDsに苦しむ患者様や現地の生活者・医療従事者・ボランティアの方々に、これらの疾患について理解を深めていただくことにより、今後のNTDsの制圧活動の一助となることを期待しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。(PDF版)
http://www.eisai.co.jp/news/news201419pdf.pdf

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っている。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献している。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Source: エーザイ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング