RHJ International: 透明性宣言通知(2007年5月2日法律第14条)- Timothy C. Collins および関連事業体

JCN Newswire / 2014年5月1日 3時5分

Brussels, Belgium, May 1, 2014 - (JCN Newswire) - 2014年4月29日、Timothy C. Collins および関連事業体は、自身が所有するRHJインターナショナル SA社(Euronext: RHJI)株式8,879,157株の累積高がRHJインターナショナルの総議決権の閾値である10%を切り、10.37%から9.75%になった旨通知しました。

2014年3月26日、RHJインターナショナルは、BHFバンク AGの株式9%の買収に関連して、株式資本の増額を実施しました。RHJインターナショナルでは、BHFバンク AGの売り手に対して、そうした追加的な議決権を発行した結果、RHJインターナショナルの総議決権は85,545,547から91,045,745に増加しました。その結果、Timothy C. Collins および関連事業体が保有するRHJインターナショナル株8,879,157株は、RHJインターナショナルの総議決権の10.37%から9.75%に減少しました。

Timothy C. Collins および関連事業体が送付した通知のコピーは、ここに添付されており、RHJインターナショナルの企業ウェブサイトの「投資家関係 - 株主向け情報 - 透明性規則」でもご覧いただけます。

追加の背景情報

2014年3月27日に発表された、クラインオート・ベンソン・グループ(KBG)によるBHFバンク AGの株式91%の買収に関して、Timothy C. Collins および2つの関連事業体(具体的にはWindmere Investments LLCとTimothy C. Collins 2003 Descendants' Trust)は、KBGの株式2.65%と引き換えに、13.6百万ユーロの現金投資を行いました。

概要:RHJインターナショナル

RHJインターナショナル(Euronext:RHJI)は、ウェルス・マネジメント、アセット・マネジメント、マーチャント・バンキングを主な業務とする金融サービスグループです。当社のウェルス・マネジメント業務は、独立した相互の信頼関係をベースとするプライベートバンク2行のクラインオート・ベンソンとBHFバンクにより行われています。2013年12月31日時点で、両行のTier1比率は16.3%、受託資産残高(AuM)は510億ユーロに上ります。アセットマネジメント業務は、クラインオート・ベンソン・インベスターズとフランクフルト・トラストが担当しています。クラインオート・ベンソン・インベスターズは、ダブリンを拠点し、投資家に革新的かつ差別化したスペシャリストの戦略を特化および統合ベースの両方で提供する機関投資家向けのアセットマネジメント会社です。一方、フランクフルト・トラストは、欧州の株式、マルチアセット、債権に特化しています。2013年12月31日時点で、クラインオート・ベンソン・インベスターズとフランクフルト・トラストはそれぞれ54億ユーロ、160億ユーロの顧客資産を管理しました。RHJインターナショナルはユーロネクスト・ブリュッセル証券取引所に上場しており、「RHJI」のティッカーシンボルで取引されています。詳細は www.rhji.com をご覧ください。

詳細情報のお問い合わせ先:

Jean-Marc Roelandt
マネージング・ディレクター
RHJインターナショナル
Tel: +32 2 643 6013
E-mail: jroelandt@rhji.com


プレスリリース全文(PDF): http://hugin.info/135946/R/1781610/609805.pdf

RHJインターナショナル





Source: RHJインターナショナル

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング