トヨタ、ラクティスをマイナーチェンジし発売

JCN Newswire / 2014年5月12日 17時20分

Toyota City, May 12, 2014 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、ラクティスをマイナーチェンジし、全国のトヨペット店ならびにトヨタカローラ店を通じて、5月12日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装の意匠を変更し、スタイリッシュかつ上質なデザインとしたほか、新開発の1.3L高熱効率・低燃費エンジン採用により、高い燃費性能を実現している。

エクステリアは、プロジェクター式ヘッドランプやLEDクリアランスランプを採用したほか、リヤコンビネーションランプの形状を変更。さらにフロントグリルにめっき加飾を施すことで、精悍な印象を付与。「S」では新デザインのホイールを採用し、スタイリッシュなイメージを強調している。また、外板色は新色ブロンズマイカメタリックを含む全9色を設定。

インテリアは、センタークラスターにブラックメタリック塗装を施し、上質さを表現するとともに、メーターフードやセンタークラスターのシボ加工のデザインを変更し、落ち着きある室内空間を演出。
今回新設定のG“PRIME STYLE”ではさらに質感を高めるため、専用のシート表皮を設定したほか、ステアリングやシフトノブにシルバーステッチを施すなどの改良を加えた。
また、アイドリングストップ機能(Toyota Stop & Start System)付車にはTFTマルチインフォメーションディスプレイを採用。燃費や航続可能距離といった各種情報のほか、燃費ランキングなどを表示することでドライバーのエコドライブを支援。さらに、全車のフロントドアガラスにスーパーUVカット・IRカット機能付ガラスを採用するなど、快適性も向上させた。

1.3L車はハイブリッド車に採用されていたアトキンソンサイクル*1のほか、クールドEGR*2やVVT-iE*3などを採用した新開発の高熱効率・低燃費エンジンを搭載し、燃費性能を向上。「平成27年度燃費基準*4」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*5」の認定を取得し、「エコカー減税」の対象。さらにアイドリングストップ機能付車は、JC08モード走行燃費21.8㎞/L*6の低燃費を実現。

あわせてウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車同様の改良を施している。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/2309220

*1 圧縮比よりも膨張比を大きくして熱効率を向上させる燃焼サイクル
*2 EGR: Exhaust Gas Recirculation
*3 VVT-iE: Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor(電動連続可変バルブタイミング機構)
*4 省エネ法に基づき定められている燃費基準
*5 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*6 国土交通省審査値

トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Source: トヨタ自動車株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング