イクシア、どこでもネットワークセキュリティテストを実行できる ポータブル機器を発表

JCN Newswire / 2014年5月15日 18時55分

PerfectStorm(TM) ONEが、最大80Gbpsにのぼる実環境アプリケーションのトラフィックと 悪意のあるトラフィックの混合により、有用なセキュリティインテリジェンスを提供

Tokyo, May 15, 2014 - (JCN Newswire) - 【米国時間2014年4月29日発表】イクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ: XXIA)は、ポータブルで高性能なセキュリティ/アプリケーションテストソリューションのシリーズを発表し、新市場を拡大します。テラビットレベルの性能を誇るPerfectStormプラットフォームをベースとする新しいソリューションスイート、PerfectStorm ONEは、大規模なアプリケーション/セキュリティテストを実行し、あらゆる規模の企業におけるネットワークテスト環境の導入を可能にします。PerfectStorm ONEは、PoC(Proof-of-Concept:概念実証)段階の現場において、性能を実演したいというセキュリティ/ネットワーク機器メーカーのニーズにも対応します。

現在、企業各社は、ネットワークの規模とアジリティ(俊敏性)を高めるセキュリティ/ネットワーキング技術に大きく投資しつつ、従来の規制適合製品や脆弱性評価でセキュリティ侵害のリスク削減を図っています。しかし、これではセキュリティの回復性を十分に評価できません。PerfectStorm ONEソリューションは、イクシアのIxLoadとBreakingPointソフトウェアアプリケーションをコスト効果の高いポータブルシステムに統合することにより、何百万ものエンドユーザーの実環境をシミュレートし、いつでもどこでも、データセンターのあらゆる要素を確実にテストします。

企業ネットワークに対応する有用なセキュリティインテリジェンス

PerfectStorm ONEは、コスト効果と拡張性に優れた一連のソリューションにより、ネットワークパフォーマンス、システムの限界、セキュリティの回復性を把握する有用な情報を企業に提供することで、データセンターの適切なサイズの判断を促すとともに、稼働中ネットワークのセキュリティインシデントを防止します。ポートは1Gbps×4本から、10Gbps×8本、40Gbps×2本まで選択可能です。イクシアのApplication and Threat Intelligence(ATI)プログラムを通じて245種類以上のアプリケーションと35,000種類以上の悪意ある攻撃をシミュレートすることにより、あらゆる規模の企業においても、稼働中のネットワークが実環境のアプリケーション、攻撃、負荷トラフィックを処理できることを確認できます。

Aberdeen Group社のシニアリサーチアナリスト、ジム・ラポザ(Jim Rapoza)氏は次のように述べています。「脅威を取り巻く現状は日々変化し、企業の評判や業績に打撃を与える可能性をはらんでいます。当社の調査では、ビジネスを支える重要な企業インフラを期待どおりに稼働させ、ネットワークの安全性とパフォーマンスを維持するために、包括的な実環境ネットワークテストが不可欠であることが実証されています」

イクシアのプロダクトマネジメント担当シニアディレクター、アレグ・アリミアン(Areg Alimian)は次のように述べています。「エンタープライズアーキテクトやインフラオペレーションチームは、最高レベルのパフォーマンスとセキュリティを確保するため、サービスデザインやアプリケーション導入、変更管理の実施段階において、ベンダーのデータシートや適合審査に頼らないことが増えています。PerfectStorm ONEは、大都市規模のトラフィックを生成し、実環境で稼働させたときにネットワークの回復性が高いか低いか、はっきりと示してくれる唯一のポータブルソリューションです」

フィールドテストに新しい市場を開拓

セキュリティ/ネットワーク機器メーカーは、現場でのPoC段階で、顧客にパフォーマンスを明確に実証しなければならないという負担を抱えています。このようなニーズに対応するため、イクシアは、PerfectStorm ONEという超ポータブルソリューションスイートを開発しました。これにより、セキュリティ/ネットワーキング機器を差別化し、実環境での製品性能を現場で実証することが可能になります。

Fortinet社のマーケティング担当バイスプレジデント、ジョン・マジソン(John Maddison)氏は次のように述べています。「顧客は、ピーク負荷がかかってもセキュリティソリューションが期待どおりに機能するという証明を望んでいます。PoC段階で完全な機能性を容易に実演できることは、この業界にとって非常に重要です。高性能で持ち運び可能なPerfectStorm ONEにより、企業で日常的に発生する実環境のアプリケーションに悪意のあるトラフィックの負荷が加わった状況で、当社ソリューションの機能を十分に証明することができます」

機器メーカーのシステムエンジニアは、顧客に対するPoC段階において、PerfectStorm ONEを専用キャリングケースで現場に持ち込み、容易にシステムを実証することが可能です。最大6,000万同時 HTTP セッション、200万新規セッション/秒の性能、20万新規SSLセッション/秒で20 GbpsのSSLスループットを誇るPerfectStorm ONEは、どこでも優れた性能を発揮します。

lxiaについて

イクシアは卓越した製品を提供し「つながる世界」を実現します。イクシアは、顧客が先進的なネットワーク技術に基づくサービスを迅速かつ安全に提供することを支援し、Always-onのユーザー体験を可能にします。顧客は、イクシアのソリューションが提供する意思決定に有用な情報を活用し、製品・サービスの早期市場投入、最適化されたアプリケーションの導入を高い品質を保ちながら実現することができます。イクシアの詳細情報は、 http://www.ixiacom.com (日本語サイト: http://www.ixiacom.jp )をご覧ください。

* 翻訳言語版プレスリリースは、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
英文プレスリリース: http://bit.ly/1h7OHff
* Ixiaのロゴマークは、イクシアの登録商標または商標です。その他の商標は、各所有企業に帰属します。

イクシア





Source: イクシア

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング