三菱商事、中部電力とのLNG船共同保有事業の推進について

JCN Newswire / 2014年5月16日 17時56分

Tokyo, May 16, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、日本郵船株式会社(以下、日本郵船)と折半出資するLNG船保有会社、および、株式会社商船三井(以下、商船三井)と 折半出資するLNG船保有会社に対して、中部電力株式会社(以下、中部電力)による出資参画を受けることとなりましたので、お知らせいたします。

三菱商事は、2012年3月に三菱重工業株式会社にLNG船2隻の建造を発注し、各船の保有会社として日本郵船との折半出資にてTrans Pacific Shipping 1 Ltd. (以下「TPS1」)を設立、また、株式会社商船三井(以下「商船三井」)との折半出資にてTrans Pacific Shipping 2 Ltd.(以下「TPS2」)を設立いたしました。2012年10月には、中部電力と各LNG船保有会社の間で、主に中部電力が豪州のプロジェクトからのLNG輸送に従事させる目的で、定期傭船契約※を締結しております。

各LNG船保有会社の発行株式の内、TPS1については、三菱商事から10%、日本 郵船から30%、TPS2については、三菱商事から10%、商船三井から30%、それぞれ 計40%の株式を中部電力に譲渡することで、3社の合弁会社とし、共同でLNG船 保有事業を展開してまいります。なお、株式譲渡時期は、船舶の竣工・引渡後を 予定しております。

近年、世界的にLNG需要が増大しており、必要なLNG船腹の確保が、エネルギーの安定供給への課題となっております。三菱商事は、自社が手掛けるLNG生産・ 販売プロジェクト向けのみならず、国内外の大手エネルギー事業者向けに、LNG船調達および共同保有・運航などLNG船保有・運航事業の推進・拡大を図ってまいりました。

三菱商事は、本事業をはじめとして、今後もLNG船事業の強化を図り、エネルギーの安定調達に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000024691.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング