ソニー、狙った瞬間を捉えるレンズ交換式デジタル一眼カメラを発売

JCN Newswire / 2014年5月16日 17時56分

AFが被写体を追従し続ける高速連続撮影(最高約12コマ/秒)を実現

Tokyo, May 16, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、新開発の世界最多※179点位相差AFセンサー(15点クロス)※2を搭載し、新AFアルゴリズムを採用することで優れたAFの精度と追従性能を実現した、有効約2430万画素 大型APS-Cイメージセンサー搭載のレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α77 II(マークツー)」を発売します。本機は、野鳥や鉄道など動きの速い被写体や、一瞬の表情を捉えるポートレートなど、さまざまなシーンにおいてシャッターチャンスを逃さずに美しい描写で撮影でき、さらにAFが被写体を追従し続ける高速連続撮影(最高約12コマ/秒※3、最大60コマ※4)で、狙った瞬間を捉えます。

新商品「α77 II」は、従来機「α77」からイメージセンサー、画像処理エンジン、AFシステムを一新しました。広範囲かつ高密度にAFセンサーを配置した世界最多※1の79点位相差AFセンサー(15点クロス)※2は、被写体の動きを予測して狙い通りに正確に合焦するAFアルゴリズムを新たに採用することで、被写体を捉えて離さない、高速かつ高精度な捕捉性能を実現します。ソニー独自の透過ミラーを採用した「トランスルーセントミラー・テクノロジー」と組み合わせることでAFを常時駆動させ、静止画・動画ともに常に被写体を捉え続ける高速なピント合わせが可能です。さらに、新開発AFセンサーは薄暗い室内のような暗所でもAFの高応答性を実現しているため、低輝度(EV-2、ISO100相当)な環境でも撮影ができます。また、中央にF2.8対応のセンサーを配置したことで、大口径レンズ使用時に高い合焦精度を実現します。

高速連続撮影時(最高約12コマ/秒、最大60コマ)もAFと自動露出(AE)が被写体を追従し続け、狙った瞬間を捉えます。

新世代の大型APS-C有効約2430万画素Exmor(R)(エクスモア) CMOSイメージセンサーと高速処理を実現する画像処理エンジンBIONZ X(TM)(ビオンズ エックス)との組み合わせにより、美しいぼけ表現やきめ細やかな階調表現を実現します。従来機※5比約20%感度特性の向上により、高感度・低ノイズでクリアな静止画・動画撮影を可能にします。

「α77 II」は、縦・横構図や三脚使用などあらゆる撮影を容易にする3軸チルト液晶の搭載に加え、防塵・防滴に配慮した設計を採用し、自由度の高いボタンのカスタム設定機能による高い操作性と信頼性を備えています。3軸チルト液晶は、WhiteMagic(TM)(ホワイトマジック)の122.8万ドットの高解像液晶を搭載しており、直射日光下でも高い視認性を確保します。さらに、見たままの映像を忠実に再現する有機ELビューファインダーXGA OLED Tru-Finder(TM)(トゥルーファインダー)も搭載しています。

ソニーは、進化したAF機能や高画質撮影機能に加え、自由度の高いカスタム設定機能などを搭載し、ハイアマチュアや幅広い写真愛好家に向けて、見たままの瞬間を高画質に捉える楽しみを提案します。さらに、32本のα レンズ群や縦位置グリップ(現行機「VG-C77AM」)、マルチインターフェースシュー対応のマイクやライトなど豊富なアクセサリーで映像表現の幅を広げます。

主な特長

1. 狙った瞬間を捉える、世界最多※1の79点AFシステム(15点クロス)※2と多彩なAF機能
2. AF と自動露出(AE)が追従し続ける高速連続撮影(最高約12コマ/秒※3、最大60コマ※4)を実現
3. 新世代のイメージセンサーと画像処理エンジンにより、高画質と広い感度領域を実現
4. 自在にカメラをコントロールできる高い操作性、信頼性
5. 創作意図を忠実に反映する高コントラスト・高解像度XGA OLED Tru-Finder
6. こだわりの動画性能とフルHD60p記録
7. モバイル機器との連携を可能にするWi-Fi/NFC機能を搭載

型名:
- 「α77 II」ボディ ILCA-77M2(Aマウント)
- 「α77 II」ズームレンズキット ILCA-77M2Q(Aマウント)(DT 16-50mm F2.8 SSM)
発売日: 6月6日
価格: オープン価格

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201405/14-0516C/

※ α77 IIで撮影した作品は公式サイトをご覧ください。

※1: 専用位相差AFセンサー搭載のレンズ交換式デジタルカメラにおいて。(2014年5月16日広報発表時点、ソニー調べ)。
※2: レンズにより、対応する測距点数は異なります。
※3: 連続撮影優先AEモードにおいて。連続撮影を優先するため絞りはF3.5、開放絞りがF3.5より小さいレンズでは開放値に制御されます。
※4: 画質FINE、画像サイズL設定時。
※5: 「α77」との比較において。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング