ソニー、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)による4K試験放送開始にあたって

JCN Newswire / 2014年5月21日 17時9分

4K試験放送対応124/128度CS デジタル放送用チューナーを開発

Tokyo, May 21, 2014 - (JCN Newswire) - ソニーは、次世代放送推進フォーラム(以下、NexTV-F)から開示された4K※1試験放送の概要と受信機仕様に対応して、4K試験放送対応の124/128度CSデジタル放送用チューナーを開発しています。今秋の発売をめどに、以下の基本仕様での商品化を予定しています。

- 124/128度CSデジタル放送用チューナー(スカパー!プレミアムサービス用)ならびにH.265/HEVCデコーダーを内蔵、NexTV-Fがスカパー!Ch.502で実施する4K試験放送「Channel 4K」の受信が可能
- デジタルインターフェース規格のHDMI(R)バージョン2.0準拠 4K/60p信号伝送※2対応、著作権保護規格のHDCP 2.2に準拠
- 外付けHDD対応で、4K試験放送コンテンツを4K画質で録画可能(録画禁止のコンテンツを除く)
- XAVC Sデコーダー内蔵、外付けHDDにソニーの4K※1ハンディカム(TM)※3で記録した映像の保存・再生が可能

なお、ソニーが現時点で販売または発表している4K対応ブラビアおよび4K対応ビデオプロジェクターには、NexTV-F受信機仕様に基づく4K試験放送を受信できるチューナーは内蔵しておりません。

また、同仕様決定前に発売された4K対応ブラビアおよび4K対応ビデオプロジェクターを、上記開発中のCS放送チューナーと接続してお使い頂くためには、別記( www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201405/14-0521/ )の対応が必要となりますので、ご確認をお願いします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201405/14-0521/

※1: 水平3,840画素×垂直2,160画素。
※2: 4K/60p YCbCR 4:2:0 8bit信号。
※3: 対応する製品詳細に関しては後日ご案内します。

ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: ソニー

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング