東邦ガスと日立アプライアンス、「2温水回収ジェネリンク」を共同開発

JCN Newswire / 2014年5月26日 16時43分

Tokyo, May 26, 2014 - (JCN Newswire) - 東邦ガス株式会社(社長:安井 香一、以下東邦ガス)と日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典、以下日立アプライアンス)は、「2温水回収ジェネリンク*1」(以下、本製品)を共同開発し、5月28日から日立アプライアンスが販売を開始します。

本製品は、工場や病院などに導入されているコージェネレーションシステム*2の排温水や、空気圧縮機をはじめとする機械から発生した排温水(未利用エネルギー)など、温度帯や流量の異なる2種類の排温水(2温水)を国内で初めて熱源として利用可能としました。従来、2温水を回収し空調用の熱源に利用する場合は、一般的に2台の排温水回収・利用設備を設置していましたが、本製品では1台で回収・利用することが可能なため、スペースの有効活用や設備導入時のコスト低減が図れます。

なお、本製品を用いることで、排温水を利用しないナチュラルチラーと比較して、主熱源の都市ガス消費量を冷房定格運転時に約25%削減*3することができます。

本製品の主な特長

1. 温度帯や流量の異なる2種類の排温水(2温水)を1台のジェネリンクで利用可能に【New】
2. 本製品を用いることで、冷房定格運転時にガス消費量を約25%削減(排温水を利用しない場合との比較において)【New】

型式および発売日

製品名: 2温水回収ジェネリンク
型式(冷房容量/機種数): HAU-BGN120~1000EXAJT(120USRT*4~1000USRT、10機種)
発売日: 2014年5月28日

開発の背景

工場や病院などでは、コージェネレーションシステムの排温水や機械の動力源(空気)を供給する空気圧縮機から発生する排温水、工業炉の排熱など、使いきれていないエネルギーが数多く存在します。より一層の省エネルギー化を推進していくためには、これらの未利用エネルギーの有効活用が求められています。

そこで、東邦ガスと日立アプライアンスは、1台で温度帯や流量の異なる排温水を効率的に回収し、燃料消費の削減を実現する製品を共同開発しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/05/0526.html

*1 ジェネリンク: 都市ガスの他に、排温水を熱源として空調を行う排熱投入型のガス吸収冷温水機であり、燃料消費量を大幅に削減し、省エネルギー・省コストなどに貢献する。詳細は、P2の「参考」を参照。「ジェネリンク」は、東京ガス株式会社の登録商標です。
*2 コージェネレーションシステム: 燃料を用いて発電する際に発生する排熱を冷暖房などの用途に利用するエネルギーシステム。
*3 排温水を利用しない日立アプライアンス「EX型ナチュラルチラー」との比較。冷房・暖房定格運転時: 冷水温度15→7度、冷却水温度32→37.4度、排温水温度 90→80度における試算値。暖房運転時についてはP3の「主な仕様例」を参照。
*4 1USRT(米国冷凍トン): 0度1トンの水を24時間で0度1トンの氷にするために取り去る熱量のことです。一般的に米国冷凍トンが使用され、1米国冷凍トン=3,024kcal/h=3.516kWです。

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング