三菱自、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に3年連続3回目の挑戦

JCN Newswire / 2014年6月2日 17時31分

「MiEV Evolution III」の2台体制で電気自動車改造クラス初優勝を狙う

Tokyo, June 2, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、6月23日(月)~29日(日)、米国コロラド州で開催されるモータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(以下、パイクスピーク)」の2014年大会に、同社の電動車両技術と四輪制御技術の粋を集めた競技車両「MiEV Evolution III(ミーブ・エボリューション・スリー)」の2台体制で電気自動車改造クラス*1にエントリーし、初のクラス優勝を目指します。

ドライバーは昨年同様、ダカールラリーで日本人初の2年連続総合優勝を果たし、パイクスピークでは電気自動車クラス*1で2年連続2位に入賞した増岡 浩(ますおか ひろし)を監督兼務で起用し、もう一人は同競技の二輪車クラスで過去6度の優勝を誇り、昨年は四輪車クラス初挑戦にもかかわらず電気自動車クラス*1で3位に入賞したグレッグ・トレーシー(米国)を起用します。チームのテクニカルディレクター及びメカニックの主要メンバーは三菱自動車開発本部のエンジニアで構成し、大会期間中の競技車両のメンテナンスを行いながら、大会を通じて収集したデータやノウハウを当社の今後の電動車両技術、車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)及び「e-EVOLUTION(モータードライブとS-AWCの融合)」の先行開発に活かしていきます。

参戦車両「MiEV Evolution III」概要

「MiEV Evolution III」は、昨年の「MiEV Evolution II」を改良した進化型の競技車両で、大容量バッテリー、高出力モーター、前後4基のモーターから構成される電動4WDなどの主要コンポーネントを踏襲し、動力性能と旋回性能の向上を目的とした改良を実施しています。専用パイプフレームは構造の合理化と材料置換による軽量化を実施しました。また、モーターはいっそうの高出力化(4基合計400kW→450kW)を図り、増大した出力を余すことなく路面に伝えるためタイヤを大径化(260/650-18→330/680-18)。これに伴い、カーボン製カウルも新たにデザインし、風洞実験によりスポイラーなど細部の形状を最適化し、ダウンフォースを増大させました。そのうえで、車両運動統合制御システム「S-AWC」の制御を進化させ、トラクションコントロール性能を向上させるとともに、限界付近での車両挙動を緻密に制御することでスピンを抑制し、ドライバーにとって安心感のある卓越したハンドリング性能を実現しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

*1: 電気自動車部門は昨年までは電気自動車クラス(Electric)の1クラスのみであったが、本年より電気自動車改造クラス(Electric Modified)と電気自動車市販車クラス(Electric Production)の2クラスが設定されています。

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング