福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業のうち第2期工事の進捗について

JCN Newswire / 2014年6月12日 9時7分

Tokyo, June 11, 2014 - (JCN Newswire) - 丸紅株式会社(プロジェクトインテグレータ)、東京大学(テクニカルアドバイザー)、三菱商事株式会社、三菱重工業株式会社、ジャパンマリンユナイテッド株式会社、三井造船株式会社、新日鐵住金株式会社、株式会社日立製作所、古河電気工業株式会社、清水建設株式会社および、みずほ情報総研株式会社からなるコンソーシアム(「福島洋上風力コンソーシアム」)が2012年3月に経済産業省より受託しました「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」に関し、第2期工事のうち7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備用浮体1基の建造作業が完了しました。

第2期実証研究事業の進捗状況並びに今後の予定は下記の通りです。

1. 第2期工事概要
7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備および海底ケーブルの設置

2. 現時点までの工事進捗状況
<7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備>
- 三菱重工業長崎造船所にて、浮体の建造完了。長崎造船所岸壁に係留中。
- 三菱重工業横浜製作所にて、風車の部品調達および製作中。

<海底ケーブル>
- 古河電気工業千葉事業所にて、洋上サブステーションと7MW浮体式洋上風力発電設備間の送電システムである特別高圧ライザーケーブル製造完了。
- 楢葉町沖に既設の洋上サブステーションにて特別高圧ライザーケーブル接続準備中。

3. 今後の予定
※気象・海象条件等により、スケジュール変更が生じる可能性があります。
<7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備および海底ケーブル・敷設>
6月上旬~8月下旬 実証研究実施海域におけるアンカーチェーンの設置
6月中旬~8月下旬 海底ケーブル敷設・埋設
12月上旬~ 福島県いわき市小名浜港での浮体への風車搭載・組立および、楢葉町沖への曳航・設置

本リリースの詳細につきましては、下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000024893.html

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング