Active Power、Kokmeng Ngをアジア太平洋地域代表取締役に任命

JCN Newswire / 2014年6月13日 12時22分

電力品質および電気インフラ分野の第一人者が、事業開発の責任者に

AUSTIN, TX, June 13, 2014 - (JCN Newswire) - 無停電電源装置(UPS)システムおよびモジュラーインフラソリューションの製造会社のActive Power (NASDAQ: ACPW)は、Kokmeng NgをActive Power Co. Ltd.のアジア太平洋地域代表取締役に任命したことを本日発表しました。Kokmengは、Active Powerグローバル販売およびマーケティング担当VPのRJ Adlemanの直属となります。

「Kokmengが加わることで、弊社のアジア太平洋地域での販売優位性は強化されるでしょう。」と、Adlemanは述べました。「Kokmengは広く知られ高い評価を受けている販売および業務エグゼクティブで、UPSと電気インフラ市場で30年弱の経験があり、Tamco SystemsでCEO、Invensys Energy Systems (Powerware)とBest Power Technology Pte. Ltd.でアジア代表取締役を務めました。弊社では、この世界最大規模のUPS市場であるアジアで(1)流通網を拡大していますが、彼が短期間でさらに価値を付加できると私は信じています。」

「Active Powerと流通パートナー網にとってアジア太平洋は、多大な可能性が存在する地域です。」とKokmengはのべました。「Active Power独自の実績ある製品は、本質的に信頼性が高くグリーンです。これらのソリューションは、環境にやさしいソリューションへの注目が集まっているこの地域に、環境面で多大なメリットを提供します。」

Kokmeng Ng略歴

Kokmeng Ngは、UPSおよび電気インフラ市場の大手多国籍企業で、販売および業務エグゼクティブとして30年以上の経験を積んできました。電気技師としてKokmengは、アジア太平洋地域全体で、販売、マーケティング、サービス、およびエンジニアリングなどの優秀なチームを結成し率いてきた実績があります。

Active Power入社前にKokmengは、取扱製品の拡大、戦略的提携の新規締結、新市場参入などを検討している企業のために、顧問やコンサルティングの役割を務めてきました。

Kokmengは、電気技術製品流通大手のTamco Systems GroupのCEOと、Invensys Energy Systems (Powerware)のアジア代表取締役を務めました。これらの役職では、Kokmengは戦略的マーケティングプログラムや代理店と流通業者の大規模なネットワークを通じて、アジア太平洋地域で成長中のUPSや関連製品の販売を直接指揮しました。彼はまた、大手多国籍企業で代表取締役やプロジェクトエンジニアリング関連の役職を多く務めました。

Kokmengは、 シンガポール国立大学で大学院学位を取得し、英国スコットランドのエジンバラにあるヘリオット・ワット大学で電気電子工学の学士号も取得しています。

Active Powerについて

1992年に設立されたActive Power (NASDAQ: ACPW)は、データセンタなどのミッションクリティカルな運用を年中無休で24時間オンに保つ無停電電源装置(UPS)システムとモジュラーインフラソリューションの設計・製造、および関連サービスの提供を行っています。同社の製品とソリューションは、米国テキサス州オースティンにある最先端のISO 9001:2008取得済み製造検査施設で生産されています。グローバルなお客様へのサービスは、オースティンの他、英国・ドイツ・中国の3か所の運用センターから提供され、50か国以上でのシステム展開をサポートしています。詳しい情報は www.activepower.com をご覧ください。

将来予想に関する記述に関する注意書

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項の意義の範囲内で、将来予想に関する記述(Forward-looking statement)が含まれています。将来予想に関する記述は、通常、「予定」や「場合」などの将来を示す言葉で識別することができ、次のような事項に関する記述が含まれています。

- 世界最大のUPS市場の流通網拡大
- Active Powerと流通パートナー網にとってのアジア太平洋地域の多大な可能性

実際の業績や将来の出来事の結果は、これらの将来予想に関する記述に明示または暗示されている内容から大きく異なる場合がありますが、その原因には次のようなリスクや不確実性があります。弊社の過去の大きな営業損失。システムソリューションの大規模化と複雑化への重点の移行。経済全般の状況や不確実性が理由の販売コミットメントの延期や取り消し。弊社国際事業に関するリスク。製品パフォーマンスおよび品質の問題。生産体制の活用不足や、弊社製品の大量生産の経験不足。弊社の現在および将来の製品の市場での受容度。競争の激化と製品の値下げ。知的財産関連の訴訟。コスト増大や罰金や刑罰につながる係争事件。新しい経営陣への移行。事業支援の必要に応じた与信契約書による借金や資金調達。

実際の結果が将来予想に関する記述と異なる原因になり得るリスク要因についての情報は、2013年12月31日締め年度の年次報告書(書式10-K)、四半期報告書(書式10-Q)、および最新報告書(書式8-K)など、Active Powerが米国証券取引委員会に提出した文書に記載されています。Active Powerは、将来予想に関する記述または情報を更新する義務を負いません。

Active PowerとCleanSourceはActive Power, Inc.の登録商標です。Active PowerロゴとPowerHouseはActive Power, Inc.の商標です。他のすべての商標は、それぞれの企業の所有物です。

(1) IHS Research, "The World Market for Uninterruptible Power Supplies - 2013 Edition," 2013年9月, at 22.

情報入手元:Active Power, Inc.

お問合せ情報
Active Power中国お問い合わせ先:
Ivy Li
販売業務/マーケティングコミュニケーション
+86.10.6528.3700
yli@activepower.com

Active Powerメディアお問い合わせ先:
Lee Higgins
PRおよびIRシニアマネージャー
+1-512-744-9488
lhiggins@activepower.com

Active Power





Source: Active Power

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング