昭和電工、液化塩素・次亜塩素酸ソーダの価格改定について

JCN Newswire / 2014年6月17日 13時54分

Tokyo, June 17, 2014 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、液化塩素・次亜塩素酸ソーダの価格改定を次のとおり行うことを決定いたしました。

1. 価格改定の内容

(1)値上げ幅
液化塩素 5円/kg以上
次亜塩素酸ソーダ 5円/kg以上

(2)実施時期
2014年7月1日出荷分より

2. 価格改定の背景

塩素は塩化ビニルなどの塩素化合物やさまざまな化学製品を製造する際の不純物除去、漂白、中和、軟化等の工程に用いられます。また、塩素と苛性ソーダを原料とする次亜塩素酸ソーダは、水道水・プールの殺菌消毒や紙・パルプの漂白などに使用され、いずれの製品もさまざまな分野において広く用いられる基礎化学品です。

液化塩素や次亜塩素酸ソーダなどを含む当社ソーダ電解事業を取り巻く環境は、電力エネルギーコストの上昇と輸入工業塩の高騰により、長期に亘って厳しい状況が続いております。

今後とも本製品の安定供給体制と事業の維持継続を行うには、自助努力によるコスト削減に加えて、お客様にコストアップ分の一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論に至りました。

本リリースの詳細につきましては、下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2014/14063.html

昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。



Source: 昭和電工株式会社

Contact:

昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング