富士通とパナソニック、パナソニックITソリューションズの全株式の譲受を完了

JCN Newswire / 2014年7月1日 17時28分

Osaka, July 1, 2014 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本正已、以下、富士通)とパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)は、本日、パナソニックの情報システム子会社であるパナソニックITソリューションズ株式会社(以下、パナソニックITソリューションズ)の全株式の譲受を完了しましたのでお知らせします。

パナソニックITソリューションズは、本日より富士通ITマネジメントパートナー株式会社と商号変更し、パナソニックグループ向けの情報システム(以下、ICT)の運用・保守・開発にかかるアウトソーシングサービスを開始しました。

富士通はこれまで、さまざまな情報システム構築、運用、保守のノウハウを活かし、お客様のICT部門やICT関連会社の革新を支援するサービスを提案してきました。今回、富士通は、パナソニックITソリューションズの全株式を取得し、これまでパナソニックITソリューションズがパナソニックグループに提供していたICT業務について、富士通の持つ効率化や人材育成などのノウハウにより高品質で効率的なものとすることで、パナソニックの戦略的な情報システム活用を支援します。

また、パナソニックは、富士通のノウハウを通じて、グループ内の情報システム構築、運用、保守業務の更なるQCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)の向上と徹底した効率化を目指します。

【新会社概要】

(1)商号: 富士通ITマネジメントパートナー株式会社
(2)本店: 大阪府門真市大字門真1006番地
(3)代表者: 平松 敏朗
(4)事業内容: 情報システムの運用・保守・開発サービス
(5)資本金: 100百万円
(6)株主構成: 富士通全額出資
(7)従業員数: 約500人

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング