三菱自、中国のエンジン合弁会社で生産累計300万基を達成

JCN Newswire / 2014年7月18日 16時41分

Tokyo, July 18, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、中国におけるエンジン生産の合弁会社である瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司(社長: 藤嶋雅憲、以下、瀋陽航天三菱)が、7月15日にエンジンの生産累計が300万基に達したことを発表いたしました。

瀋陽航天三菱は、1997年8月に設立され、1998年より生産を開始し、拡大を続ける中国の自動車市場において、三菱ブランドの車体メーカー向けのみならず、多くの中国メーカーにもエンジンを供給することで、2009年に生産累計100万基、2012年に200万基を達成しています。

2009年7月からは小型自動車搭載用の小排気量で軽量、環境にも配慮したMIVEC※機構付の4A9シリーズの本格量産を開始し、2013年には29万基を販売しました。さらに現行4G6エンジンの後継として、新MIVECを搭載する新型エンジンの導入準備を進めています。

瀋陽航天三菱は、今後も多様化する市場のニーズに応え、商品ラインアップの強化、環境性能の向上に注力し、中国自動車産業の発展に貢献して参ります。

【 瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司(SAME)の概要 】
所在地: 遼寧省瀋陽市渾南区航天路6号
設立: 1997年 8月(生産開始: 1998年 8月)
資本: 中国航天汽車(30%)、三菱自動車(25%)、瀋陽建華汽車発動機(21%)、三菱商事(9.3%)、馬中投資控股(14.7%)
生産機種: 4G6エンジン(2.0,2.4L)、4A9エンジン(1.3,1.5,1.6L)
生産台数: 512,185基(2013年度)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

※ MIVEC: Mitsubishi Innovative Valve Timing Electronic Control
三菱自動車の連続可変バルブタイミング機構の総称

三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード『Drive@earth』
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Source: 三菱自動車工業株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング