三菱商事、コロンビア サンタマルタ港で港湾ターミナル運営事業へ参画

JCN Newswire / 2014年7月28日 17時34分

Tokyo, July 28, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、コロンビアのサンタマルタ港において港湾ターミナル運営事業に参画します。

この度、サンタマルタを中心に港湾運営事業を展開するダーボン・グループ(以下、ダーボン)(以下参考事項(*1))と共同で、サンタマルタ港の運営事業ホールディング会社を設立し、同社株式の25%を取得しました。

カリブ海に面するサンタマルタ港は、主要貨物である石炭・石油・パーム油のほか、コンテナ貨物や穀物も取り扱う複合港で、現在コロンビア3位の取扱量を有しています。また、ポストパナマックスなどの超大型船も寄港可能な水深を有するコロンビア唯一の港でもあります。コロンビア経済の安定的成長やパナマ運河の拡張に伴う輸出入の物量増加により、物流拠点としての重要性が今後更に高まる事が見込まれており、今後の貨物量の増大に備えて拡張計画が進んでいます。

コロンビアは、豊富な資源埋蔵量や太平洋・カリブ海両方に面した好立地を背景に、BRICSに次ぐ有望新興国として大きな成長が見込まれています。 また、同国政府は経済の持続的成長のために、インフラ整備の推進を優先的課題に位置付けています。当社はサンタマルタ最大の企業で近年急成長しているダーボン・グループと共に港湾運営事業拡大を図りながら、日本政府が推進する「インフラ・システム輸出戦略」に応えるために、今後もコロンビアにおいて新規ビジネスの開発を推進していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014/html/0000025255.html

参考事項
(*1) ダーボン・グループ(Daabon Group): オーガニックパーム油やバナナの生産の他、バイオディーゼルの生産・輸出、港湾ターミナル運営など幅広い事業を手掛ける、創業100年の企業グループ。コロンビア北部サンタマルタを拠点に急成長を遂げており、海外では日本、米国、豪州、欧州の支店を通じて自社製品を販売している。

三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Source: 三菱商事株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング