シャープ、4K動画撮影対応の1型1200万画素CMOSイメージセンサを発売

JCN Newswire / 2014年8月20日 19時3分

Osaka, Aug 20, 2014 - (JCN Newswire) - シャープは、4K動画撮影に対応し、業界最高※1の感度1420mV/lux-secを実現※2したデジタルビデオカメラ向け1型1200万画素CMOSイメージセンサ「RJ5DY1BA0LT」を開発、発売します。

4Kテレビは、世界的な放送インフラ環境の整備とともに、普及拡大が見込まれています。本市場の立ち上りに伴い、デジタルビデオカメラなどの周辺機器においても4K対応への期待が高まっています。

本イメージセンサは、1型の光学サイズで4K動画撮影に適した3.1μm角の大型画素セルを採用。独自の画素セル技術を活用することで、業界最高感度1420mV/lux-secを実現しました。明るいシーンはもとより暗いシーンでも鮮明な画像の撮影に貢献します。

また、画素信号の読み出しの高速化と、少ない電力でデジタル変換する独自の回路技術を搭載。4K動画を60fps※3で撮影する際に、業界トップレベルの低消費電力420mWを実現しました。低消費電力化によりイメージセンサの発熱を抑制できるため、搭載機器の放熱設計の簡略化に貢献するとともに、熱によるノイズの少ない高画質撮影を可能にします。さらに、1200万画素の静止画撮影にも対応し、デジタルスチルカメラ用途としても活用いただけます。

主な特長

1. 3.1μm角の大型画素セルと独自の画素セル技術を活かし、業界最高感度1420mV/lux-secを実現
2. 4K・60fpsの動画撮影に対応し、業界トップレベルの低消費電力420mWを実現搭載機器の放熱設計を簡略化 / 熱によるノイズの少ない高画質撮影に貢献
3. 静止画撮影にも対応し、デジタルスチルカメラ用途でも活用可能

品名: 1型1200万画素CMOSイメージセンサ
形名: RJ5DY1BA0LT
サンプル価格(税込み): 20,000円
サンプル出荷: 2014年8月21日
量産開始: 2014年10月31日
月産個数: 計 80,000個

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140820-a.html

※1 2014年8月20日現在。1型4K対応のCMOSイメージセンサにおいて。シャープ調べ。
※2 色温度3200Kの光源、F5.6の光学系を用いて撮影した時のG信号の平均出力。
※3 60 frames per secondの略。一秒あたり60枚の静止画で構成される動画。

シャープ株式会社

詳細は www.sharp.co.jp をご覧ください。



Source: シャープ株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング