パラレルスとの戦略的連携により、使えるねっとが日本市場向けIaaSサービスをアップデート

JCN Newswire / 2014年8月26日 13時27分

Parallels Automation for Cloud Infrastructureを利用し、「隠されたコスト」がない従量課金制で顧客のコスト効率を向上

Tokyo, Aug 26, 2014 - (JCN Newswire) - ホスティングおよびクラウドサービス事業者向け製品のリーダーであるParallels, Inc.(米国、CEO: バーガー・スティーン)の日本法人、パラレルス株式会社(東京都港区、代表取締役:西澤真、以下パラレルス)は、クラウドサービスプロバイダである、使えるねっと株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役社長:ジェイソン・フリッシュ、以下使えるねっと)が、Parallels Automation for Cloud Infrastructure(パラレルス オートメーション フォー クラウド インフラストラクチャ)を利用して日本市場向けのIaaS(Infrastructure-as-a-Service)ビジネスをアップデートしたことを発表しました。使えるねっとはこのビジネスを通じて、安全性の高い柔軟なクラウドコンピューティングを手頃な価格で顧客に提供しています。

Parallels Automation for Cloud Infrastructureは、クラウドインフラをサービスとして提供するための 総合的なIaaSソリューションです。仮想化、自動化、課金・請求、顧客セルフサービス、オンラインストアなどが搭載された総合的なサービスセットであり、Parallels Automation(パラレルス オートメーション)のモジュールの 1つです。本モジュールにより、使えるねっとの顧客がコストを抑えて容易にクラウドに移行することを可能にしています。中小企業にとって、競争が激しい日本市場で成功を収めるためには、コスト効率が重要な要因となります。IaaSを用いることで、使った分だけ支払うことが可能になり、サーバを自社で保守する負担が軽減されるため、中小企業にとってコスト効率の高いアプローチとなります。

使えるねっとの代表取締役社長、ジェイソン・フリッシュ氏は次のように述べています。
「使えるねっとが提供するクラウドサービスに、隠されたコストはありません。使った分だけお支払いいただけば、その他のコストは不要です。ところが他社の提供するパッケージプランは、必要なパフォーマンスを達成するために不要な機能まで購入しなければならず、当社のサービスより非常に高価になる可能性があります。また、日本の企業の間で、IaaSサービスへの需要は大きく増え続けています。この傾向は、社内の技術力や資金力不足が原因でコンピューティングインフラの自社開発、運用、保守ができない中小企業で特に顕著です。このような企業は、社内の限られた資源を日常的な運用・保守業務ではなく、サービス開発やマーケティングに集中させたいと考えています。」

アジア太平洋および日本地区のサービスプロバイダ事業担当バイスプレジデントであるパベル・エルショフ(Pavel Ershov)は次のように述べています。
「日本を代表するホスティングサービス事業者の 1つである使えるねっとは、日本市場でビジネスを行う際の課題やその運用環境を熟知しており、このような競争の激しい環境でビジネスを展開する企業のためのIaaSサービスを開発しています。使えるねっとのIaaSポートフォリオは、企業の規模やビジネスモデルにかかわらず、信頼性が高く高速で安全なコンピューティングリソースを提供するように設計されています。使えるねっとはパラレルスとの連携により、弾力性およびコスト効率が高いソリューションを顧客に提供することによって、これらの企業が技術的な要件に頭を悩ませることなく本来のビジネスに集中することを可能にしています」

フリッシュ氏はまた、次のように述べています。
「当社はこの競争が激しいビジネス環境の中で、次々に難問に直面していますが、パラレルスとの戦略的連携によって、競争相手より一歩先行くことができています。自動化テクノロジーおよび安全なコンテナテクノロジーに関するパラレルスの専門知識を取り入れることで、当社は高度な自動化および制御能力を迅速かつ効率的に提供するソリューションを顧客にお届けすることができます」

Parallels Automation for Cloud Infrastructureについて

Parallels Automation for Cloud Infrastructureは、クラウドインフラサービスのための包括的なソリューションです。

● 仮想化: 仮想マシンとコンテナの両方を構築できる柔軟なソリューションを提供しているのはパラレルスだけです。コンテナの採用により効率性、集積度、パフォーマンスが向上し、管理も容易になりますが、顧客がOSの管理を望む場合には、仮想マシンを構築するオプションもあります。

● 自動化オペレーションおよび課金: Parallels Automation for Cloud Infrastructureでは、仮想マシンの構築、プロビジョニング、削除、そしてクラウドサービスの課金まですべてが自動化されているため、最低限の作業で提供することができます。このため、クラウドサービスビジネスをより効率的に、収益性を維持して運営することが可能です。

● 顧客セルフサービス: 顧客はセルフサービスパネルを使用して独自のクラウドデータセンターと仮想環境を容易に管理できるため、必要な変更を即時に実施でき、最低限のサポートで運用できます。IT担当者以外のユーザでも、使いやすいインターフェイスで簡単に変更することができ、コードを記述する必要はありません。

● オンラインストア: すでにオンラインストアがあれば、有効活用してクラウドサービスを販売することができます。お持ちでない場合でも、Parallels Automation for Cloud Infrastructureのオンラインストアを使用することができます。これにより、今すぐクラウドサービスの提供を開始し、収益を生み出すことができます。

※ 本リリースは2014年8月5日に発表されたものです

使えるねっとについて

使えるねっとは、成長が著しいフルサービスホスティング事業者であり、日本でビジネスを展開しています。レンタルサーバ業界の主要事業者である同社は、最先端のサービスを手頃な価格で提供することで定評があります。使えるねっとは、Parallels Plesk Panel、Parallels Virtuzzo Containers、Parallels AutomationなどのParallels製品を利用して仮想プライベートサーバ(VPS)サービスを提供しています。

パラレルスについて

パラレルスは、仮想化と自動化ソフトウェアにおけるワールドワイドリーダーであり、コンピュータの最適化を個人ユーザ、ビジネスユーザ、クラウドサービス プロバイダに提供しています。 2000年に設立され急成長を続けているパラレルスは、北米、欧州、アフリカ、アジアに 900名以上の従業員がいます。
詳細は、 http://www.parallels.com/jp 、Twitter ( https://twitter.com/ParallelsPanel および
https://twitter.com/ParallelsCloud )、Facebook( http://www.facebook.com/ParallelsCloud )、
Parallels クラウドサービスプロバイダのブログ(英語)( http://blogs.parallels.com/ )をご覧ください。

<本件に関するお問合せ先>
使えるねっと株式会社
使えるクラウド http://cloud.tsukaeru.net
Email: sales@tsukaeru.net
Tel: 0120-961-166

パラレルス株式会社
マーケティング マネージャー 小圷(こあくつ)
東京都港区赤坂3-2-2 日総第24ビル10階
Email: pr@parallels.co.jp
Tel: 03-6459-1361
Fax: 03-6459-1363

<報道関係者お問い合わせ先>
(PR会社)
株式会社 井之上パブリックリレーションズ
パラレルス担当:高野、尾上(おのうえ)
東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックス2階
Email: parallels@inoue-pr.com
Tel: 03-5269-2301
Fax: 03-5269-2305

パラレルス

詳細は http://www.parallels.com/jp をご覧ください。



Source: パラレルス

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング