日立、電力事業者や鉄道事業者など向け「M2Mトラフィックソリューション」を提供

JCN Newswire / 2014年9月4日 18時0分

電力や水道、ガス、交通といった社会インフラ分野の設備管理や予防保全を支援

Tokyo, Sept 4, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、電力や水道、ガス、交通などのさまざまな社会インフラ分野において、施設・設備の管理や予防保全などを目的としたM2M*1向けシステム基盤の容易な導入を実現する「M2Mトラフィックソリューション」を開発し、電力事業者や鉄道事業者などの社会インフラ事業者向けに、9月5日から販売を開始します。

本ソリューションでは、昨年10月に発表した「Traffic Management Solutions(TMS)*2」の開発コンセプトに基づき、パケットが大量、かつ広範囲に発生するM2Mのトラフィック特性に応じて、きめ細かなネットワークの計測・分析・制御を実現します。

具体的には、データの収集・管理・見える化、および機器やネットワークの制御などデータ活用を一元的に行うクラウドサービスと、省電力、かつ拡張性を備えたM2M機器(センサーノード*3、ゲートウェイ*4)」を新たに開発し、M2M向けシステム基盤の導入に向けたコンサルティングから、システム設計、ネットワークの構築、クラウドサービスの運用、保守、さらには業務アプリケーションとの連携など、各種サービスをトータルに提供します。

本ソリューションを活用することで、現場の見える化やビッグデータ分析・利活用のためのシステムの容易な導入が可能となります。これにより、設備の稼働状況を把握し、稼働計画や保守計画の見直しを図るなど、業務改善による経営の効率化を支援します。

近年、モバイルネットワークの進展により、遠隔からのセンサーデータの収集や機器の制御が可能となりました。また、M2MやIoT*5などITの新たな潮流により、あらゆるモノがネットワークを介してつながることで、データのもつ価値をビジネスへ応用することが期待されています。

一方、データ量の爆発的な増加により、センサーデータの収集遅延を解消することが急務となっているほか、データ量の増大による通信費の高騰も予想されます。また、データの活用により新規事業の立ち上げや業務の見直しが加速すると、従来システムの変更や機器の交換、新たな回線の確保や運用の変更が必要となり、それらに伴うコスト増加が課題となっています。

本ソリューションでは、M2Mシステム基盤を構成する機器やネットワークは、すべてクラウド上で管理されるため、例えばM2M機器を計測対象につないで電源を入れるだけですぐにデータの収集を開始することができます。さらに、大量に発生する計測データは、日立の独自技術によりゲートウェイでまとめて効率よく伝送できるため、通信コストの増加を抑えてデータを収集することが可能です。

今後も、企業のM2M導入を支援するネットワーク基盤製品・サービスを拡充するとともに、海外キャリアとの連携を進め、M2M関連事業のグローバル展開を図るなどソリューションを強化していきます。

なお、「M2Mトラフィックソリューション」は、スマート情報のIT基盤群であるIntelligent Operations Suiteのラインアップの一つとしても提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/09/0904.html

*1 M2M: Machine to Machine
*2 Traffic Management Solutions(TMS): 日立がこれまで培った通信事業者向けの大規模かつ高信頼な通信制御技術、ビッグデータの利活用技術を生かし、データ通信のトラフィックを計測して目的に応じて分析・制御し、ネットワークの高付加価値化を図るソリューション。
*3 センサノード: センサーから取得したデータを無線でゲートウェイに伝送する機能を有した機器
*4 ゲートウェイ: センサーノードから無線を介して収集したデータ、または接続されたセンサーから収集したデータをサーバに送信する機能を有した機器
*5 IoT: Internet of Things

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング