パナソニック、コンパクトに設置可能で一般道でも渋滞回避できる DSRC車載器を発売

JCN Newswire / 2014年9月9日 17時9分

Osaka, Sept 9, 2014 - (JCN Newswire) - パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(代表者 伊藤 好生)は、高速道路に加え、一般道でも交通情報が受信でき、カーナビルート案内中に自動で渋滞回避ルート探索できる光VICSビーコンサービスに対応したDSRC車載器 CY-DSR140Dを2014年11月中旬に発売します。

DSRC車載器はETC機能に加え、高速道路上で交通情報が受信できるITSスポットサービスに対応するものです。全国の高速道路全線に約1,600箇所設置されたITSスポットと双方向通信を行い、最大1,000kmもの広域な高速道路の交通情報や安全運転支援情報をリアルタイムに受信し、音声やナビ画面によって安全運転をサポートします。一方、一般道の渋滞情報、所要時間情報、交通障害情報など様々な交通情報は別方式の光VICSビーコンサービスで受信できますが、これまでは専用のVICSビーコンユニットが必要でした。

当社は、業界初の「ITSスポット/光VICS統合アンテナ」を開発し、車載器本体とアンテナ1本のみのコンパクトな設置を可能としました。これによりコンパクトな設置で高速道路/一般道の両方で渋滞を考慮したルート案内でゆとりのあるドライブを提供します。

特長

1. 高速道路に加え、一般道の交通情報を取得し、渋滞回避ルート探索が可能
高速道路・一般道でカーナビルート案内中に渋滞、事故等の情報を取得すると、自動で渋滞回避ルートを探索し、案内します※1。
2. 業界初※2「ITSスポット/光VICS統合アンテナ」により、車内をすっきり
従来2種類別々に取付ける必要があったアンテナを1本に統合化したことで車内をすっきり。
3. 高速道路の渋滞の早期緩和、交通量分散が可能な経路別料金制度に対応
国土交通省ではITSスポットを活用した走行経路別の新しい料金制度を2016年度に導入することを検討しています。新しい経路別料金制度に必要とされるITSスポット通信に対応。

品名: DSRC車載器
品番: CY-DSR140D
希望小売価格: オープン価格
発売日: 2014年11月中旬
月産台数: 1,500台

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/topics.html

※1 当社カーナビとの接続が必要です(品番:CN-RX01WD/D、CN-RS01WD/D)。ナビ接続コードを付属しています。
※2 2014年8月末現在、DSRC車載器として。(当社調べ)

パナソニック株式会社

パナソニックは、部品から家庭用電子機器、電化製品、FA 機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカーです。

パナソニックは、2018 年の創業100 周年に向けて、エレクトロニクスNo.1 の「環境革新企業」を目指します。全事業活動の基軸に「環境」を置き、世界中の次の世代の人たちのために、全世界で起こりつつある「グリーン革命」を、先頭に立って推進してまいります。

当社に関するさらなる情報は、 http://panasonic.co.jp をご覧下さい。



Source: パナソニック株式会社

Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング