OKI、オフィスソリューション市場向け戦略複合機の販売強化

JCN Newswire / 2014年9月10日 12時28分

世界各国で、30社以上の業界トップクラスのソフトウェアベンダと連携

Tokyo, Sept 10, 2014 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、オフィスソリューション市場向けのオープン・プラットフォーム技術搭載のA4 LED複合機で、本日までに世界各国30社以上の独立系ソフトウェアベンダ(ISV)との連携を実現し、ソリューション提供力を大幅に強化しました。さらに引き続き各国でアライアンス先の開拓を進めており、2015年度は2013年度比2倍の複合機販売拡大を目指します。

OKIデータは、昨年3月に発表したプリンタ事業戦略において、オフィスソリューション市場を成長領域の一つと捉えています。中でも需要拡大が見込まれる複合機市場を注力分野と位置づけ、昨年、同市場向けに戦略商品の高機能なA4カラーLED複合機「MC700シリーズ」およびA4モノクロLED複合機「MB700シリーズ」を発売しました。これらの複合機に搭載したオープン・プラットフォーム技術の活用により、業務の生産性向上やコスト削減などのユーザーニーズに対して、各国のソフトウェアベンダとの協業を進めてきました。

これにより「出力管理」、「ドキュメント・マネージメント」、「ドキュメント・キャプチャ」などのソリューション提供力が大幅に強化されました。お客様が目的に応じて自由に選択できる幅広いアプリケーションのラインアップが複合機の利用範囲を広げており、販売加速につなげていきます。

-- 「出力管理」では、国内外向けにオーストラリアのソフトウェア開発会社「ペーパーカット・ソフトウェア社(PaperCut Software International Pty Ltd.)」、海外向けにポルトガルのシステム開発会社「アリデータ社(Alidata - solucoes informaticas, lda)」、英国のシステム開発会社「リングデール社(Ringdale UK Ltd.)」などと連携しました。従来必要だった外付け機器を接続することなく、印刷環境の「見える化」やプリント量、印刷方法の適正化を図り、プリントコスト削減を実現しています。

-- 「ドキュメント・マネージメント」においては、海外市場向けソリューションとしてドキュメント管理分野でドイツ大手のソフトウェア開発会社「ドキュウェア社(DocuWare Corporation)」と連携しました。OKIのオープン・プラットフォーム技術を利用して、複合機で電子化して取り込んだデータをタッチパネルからユーザーの基幹業務システムへの直接送信できるようになります。様々な業種での各種申込書や申請書など、業務ワークフローを自動化・アーカイブすることでお客様の業務効率化に貢献します。

-- 「ドキュメント・キャプチャ」では、海外市場向けにドイツの「ドライブ社(Drivve Inc.)」やロシアの「アビー社(ABBYY)」など、ドキュメント認識のリーディングカンパニーと連携しました。これにより、OKIの複合機のタッチパネルからスキャンした紙データをお客様のシステムやクラウドサービスに振り分け保管します。さらに、保管した書類の検索も可能となり、プリントコストの削減に加え、お客様の業務ワークフローの最適化を実現します。

A4カラーLED複合機「MC700シリーズ」とA4モノクロLED複合機「MB700シリーズ」は、OKI独自のLEDが持つ、細部にわたるシャープな高画質な印刷、多彩な諧調表現力、高信頼性に加え、9インチの大型カラータッチパネルで高い操作性を実現し、高機能と使いやすさを両立しています。また、オープン・プラットフォーム技術を搭載しているため、ソリューションを開発・提供するのに最適です。

今後はISVとの連携をさらに加速するとともに、関係を深耕することで、それぞれのISVが得意とする銀行や流通サービスといった特定市場・業種向けのソリューションも強化し、高い付加価値と魅力的な機能を兼ね備えた商品でプリントコスト削減やお客様の業務効率化に貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.oki.com/jp/press/2014/09/z14053.html

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 北村
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com 


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング