日立、フィンランドの通信事業者向けソフト開発会社と販売代理店契約を締結

JCN Newswire / 2014年9月11日 18時7分

日立の注力分野であるTraffic Management Solutions (TMS)およびNFV関連のソリューション事業を強化

Tokyo, Sept 11, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、通信事業者向け通信ミドルソフトウェアを開発し、グローバルに提供するフィンランドのComptel Corporation(本社:フィンランド ヘルシンキ市、President and CEO:Juhani Hintikka(ユハニ・ヒンテッカ)/以下、Comptel社(コンプテル社))と、販売代理店契約を締結しました。

具体的には、日立は、Comptel社から、ネットワークポリシー制御(PCRF*1)ソフトウェアなどの販売代理権を取得し、日立のソリューションの一環として、国内や米国の通信事業者等をはじめグローバルに提供します。また、日立が注力するTMS*2やNFV*3関連ソリューションにComptel社のソフトウェアを組み合わせ、ソリューションのさらなる高付加価値化を実現し、事業を強化します。

近年、スマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイスの急激な普及と、SNS(Social Networking Service)や動画サービスをはじめ様々なコンテンツの誕生により、モバイルネットワークにおけるデータ通信のトラフィックは爆発的に増加しています。通信事業者では、ユーザーのニーズに応じた多種多様な新サービスを迅速に市場投入するとともに、変化に柔軟に対応できるネットワークプラットフォームの構築が求められています。

Comptel社は、通信事業者を中心に世界87カ国290社を超える豊富な顧客基盤を有し、高品質かつ高信頼な製品とサービスの開発・提供を行っています。中でも、ネットワークのポリシー制御および課金制御技術を強みとし、ユーザーやサービスごとのQoS*4制御、コンテンツごとのリアルタイムな課金処理などを実現するソフトウェア開発に取り組んでいます。

日立は、2013年10月にTMSをコアとするICTソリューションを体系化し提供を進めるなど、通信ネットワーク分野におけるソリューション事業を強化しています。今回の販売代理店契約の締結を通じて、日立は、Comptel社から、急増するネットワークトラフィックを制御するPCRFのほか、迅速性と柔軟性の両立というユーザーのニーズに対応できるネットワークデータ管理ソフトウェアや関連サービスの提供を受け、日立の通信ネットワーク事業との相乗効果を図ります。

さらに、日立が注力するTMSおよびNFV技術を活用したvEPC*5関連ソリューションとComptel社の製品を組み合わせることで、通信事業者のサービスメニュー拡充や新サービス創出とともに、コアネットワークの運用管理効率化を図るなど、投資対効果の最大化に貢献していきます。

日立は、今後もグループ一体となって推進する社会イノベーション事業を支える通信ネットワーク事業として、NFV活用をはじめ次世代通信ネットワークに向けた各ソリューションの提供に取り組んでいきます。

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 プラットフォーム部門COO 和田 宏行のコメント
「急激に普及の進むネットワークデバイスを管理する上で、とりわけポリシー制御技術は、重要性を増しています。グローバルで実績のあるComptel社のソフトウェアと日立の通信ミドルウェアを掛け合わせることでソリューション提案力を強化し、日立グループで推進する社会イノベーション事業を加速したいと考えています。」

Comptel社 President and CEO Juhani Hintikka氏のコメント
「今回、日立との販売代理店契約を通じたパートナシップ構築により、当社のポリシー制御製品が日立の製品ポートフォリオのひとつに加わり大変うれしく思っています。特に主要市場である日本と米国において日立は、強固な顧客基盤と優れた営業力を持っています。今後Comptel社に対しても,迅速に新しいビジネスチャンスをもたらしてくれると期待しています。」

Comptel社について
社名: Comptel Corporation
本社所在地: Helsinki, Finland
事業内容:
通信事業者向けネットワークデータ管理のソフトウェアやプロフェッショナルサービスをワールドワイドに提供
受発注管理のサービスフルフィルメント技術やビッグデータ解析による予知分析技術によるソフトウェア開発
設立: 1986年
代表者の役職・氏名: President and CEO: Juhani Hintikka
従業員数: 約700名
売上高: 約83百万ユーロ(2013年12月末現在)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/09/0911a.html

*1 PCRF(Policy and Charging Rule Function):ネットワークのサービスに応じたポリシー制御及び課金ルール設定機能。
*2 TMS(Traffic Management Solutions):爆発するデータ通信のトラフィックを計測し、目的に応じて分析・制御する日立のネットワークソリューション。ヒト、モノ、コトが発生させる様々なトラフィックを管理し、流れの効率化と価値最大化を実現する。
*3 NFV(Network Function Virtualization):ネットワーク機能の仮想化。
*4 QoS (Quality of Service):ネットワークの帯域制御及び優先制御
*5 vEPC(Virtual Evolved Packet Core):LTEモバイル制御機能の仮想化

株式会社 日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Source: 株式会社 日立製作所

Contact:

株式会社日立製作所
情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部
モバイルソリューション本部 モバイルネットワーク部 [担当:石川]
通信・ネットワーク お問い合わせフォームへ
 http://www.hitachi.co.jp/network/contact/ 


Copyright 2014 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング